ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

市長水野の活動日誌

私の活動や日頃考えていることを折りにふれ、みなさんにお伝えします。

男里川水系一斉清掃、KIX泉州国際マラソンレセプション

男里川水系一斉清掃に参加された皆さんの前で挨拶する水野市長

 2月15日の土曜日、朝から男里川水系一斉清掃に参加し、ご挨拶をさせていただきました。日頃より男里川の環境保全や水中生物の学習等に取り組んでいただいている男里川水系環境保全活動実行委員会の皆さん、感謝申し上げます。また、当日参加されたシルバー人材センターや市職員の皆さん、ありがとうございました。

KIX泉州国際マラソンレセプションの様子

 また、夕刻からは、翌16日に開催されるKIX泉州国際マラソンのレセプションに参加し、招待選手の意気込みを聞かせていただきました。

阪南市合同吟詠大会、下荘カキ小屋にNHK取材

NHKの取材を受ける下荘カキ小屋

 2月11日の祝日の午前、下荘漁業協同組合さんが運営する下荘カキ小屋にNHKの取材が入るということで、様子伺いに行かせていただきました。次の公務のため短時間の滞在でしたが、午後から多くのお客さんが来られ、賑わったとのこと。この放送を見られた皆さん、是非ともお越しください。
 午後からサラダホールで開催された34回目となる阪南市合同吟詠大会へ。阪南市は海、山、川の豊かな自然の中にあります。詩吟においても、日本の美しい自然を題にとる詩文があり、それが朗読により最も美しく表現されます。まさに日本の誇る文化と言えます。詩文を高らかに歌い上げる皆さんのご健康とともに、文化を受け継ぐ吟詠会の発展をお祈りします。

鳥獣被害対策協議会設立、共生の地域づくり近畿ブロック会議

地域共生社会の実現に向けた包括的支援体制構築事業の地域ブロック会議にて挨拶する水野市長

 2月10日の月曜日の午後、近年増加する田畑の鳥獣被害や住宅地周辺への出没に対処するため、農協さんや猟友会さん、大阪府のご協力のもと、鳥獣被害対策協議会を立ち上げ、ご協力をお願いさせていただきました。
 その後、阪南市での開催となった共生の地域づくり近畿ブロック会議に出席し、ご挨拶させていただきました。厚生労働省社会援護局さんからのご講演、参加者によるグループワークがあり、様々な立場から参加された皆さんが交流、意見交換され、各自治体、団体での共生の地域づくりの取組を進めていただきたいとお願いしました。

さつき台幼稚園生活発表会、海苔漉き体験

西鳥取漁港で開催された「海と陸とのつながりを味わおう」第5回の海苔漉き体験にて挨拶する水野市長

 2月9日の日曜日、サラダホールで開催された、さつき台幼稚園の生活発表会にお邪魔し、ご挨拶をさせていただきました。
 また、西鳥取漁港で開催された「海と陸とのつながりを味わおう」第5回となる海苔漉き体験に寄らせていただきました。市外からも多くの親子が参加され、海山川の恵み豊かな自然がすぐそこにある環境の有難さを感じました。

阪南市海洋教育実践報告会

阪南市海洋教育実践報告会にて挨拶する水野市長

 2月7日の金曜日、サラダホールにて海洋教育実践報告会が開催されました。この報告会の主役、西鳥取、下荘、舞の各小学校の子どもたちが、海洋教育での学習や活動を報告してくれました。また、東京大学大学院の日置先生のご講評、海洋環境がご専門で「THE!鉄腕!ダッシュ!!」で有名な木村尚さんのご講演を拝聴しました。

動く市長室第35回

まちなかカフェ朝日会で話をする水野市長

 2月6日の木曜日、動く市長室の35回目として、和泉鳥取住民センターで開催されている、まちなかカフェ「朝日会」にお邪魔し、お話をさせていただきました。朝日幼稚園の活用や、コミュニティバスなどのご質問にお答えし、拙いながらカラオケを1曲披露して失礼させていただきました。

チームメイトと受賞報告(バトントワーリング全国大会表敬訪問)

バトントワーリング全国大会で受賞された石橋夢空さん、紗空さん、蜷木葵音さんと談笑する水野市長
バトントワーリング全国大会で受賞された石橋夢空さん、紗空さん、蜷木葵音さんと談笑する水野市長

 2月5日の水曜日、笑顔輝くアクトレスが3人、バトントワーリング全国大会で優秀賞の報告に来てくれました。石橋夢空さんは昨年に続いて、そして妹さんの紗空さん、チームメイトの蜷木葵音さん、元気な笑顔に勇気づけられます。その笑顔を忘れず、次へ、未来へ向かって頑張ってください。

防災講演会

防災講演会にて挨拶する水野市長

 2月3日の月曜日、耐震リフォームに関する講演会、説明会を開催し、ご挨拶をさせていただきました。近年、東日本大震災や熊本地震などの地震や一昨年の台風21号など、大被害をもたらす自然災害が頻発しています。今後、南海・東南海地震などの発生も想定されています。減災効果を高めるためには、「自分、家族の命や財産は自分たちで守る」という自助、共助と、公助のそれぞれが主体的、一体的に取り組むことが大切です。本市でも耐震化促進や災害対策に取り組んでいますが、市民の皆さんも、日頃から自然災害に備えていただければと思います。

Jcom収録、三師会合同研究会

Jcom番組収録中の水野市長

 2月1日の土曜日、午後から、Jcomさんの生放送番組「ジモト満載えぇ街でおま!」の収録のため、西鳥取漁港の「波有手のカキ小屋」と食堂「漁師の家めし・英進丸・名倉」を訪れ、それぞれ自慢の一品をいただきました。番組では「はんなん旨いもん」を取り上げていただいて、他にも、下荘カキ小屋などが、紹介されています。皆さんも「はんなん旨いもん」にお立ち寄りになって、その美味しさを広めてくだされば嬉しく思います。
 続いて、まもる館で開催された阪南市医師会、歯科医師会、薬剤師会の三師会による三師会合同研究会にてご挨拶をさせていただきました。世界的に新型肺炎が広がる中、ご指導、ご協力をお願いしました。

ページの先頭へ