ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

市長水野の活動日誌

私の活動や日頃考えていることを折りにふれ、みなさんにお伝えします。

平成30年8月17日

戦没者追悼式

戦没者追悼式で式辞を奉納する水野市長 みなさんこんにちは。阪南市長の水野謙二です。
 6月19日の火曜日、戦没者追悼式に臨席し、今日の平和と繁栄の基礎を築かれた英霊のご遺徳を偲び、追悼の誠を捧げさせていただきました。
 阪南市は非核平和と人権擁護を宣言するまちです。市民の皆さんと手を携え、「安全で安心のまち、活力とやさしさ溢れるまち」の実現を目指すことを申し上げ、未だに争いが絶えない社会において、悲しみの歴史を踏まえ、平和を尊び、より一層の努力を惜しまないことを決意し、英霊にお誓い申し上げました。
 

志を遂げられるよう、祈ります(田村彩子さん表敬訪問)

JICA青年協力隊としてヨルダンへ向かう田村彩子さんと世界地図を指す水野市長 また、同日の午後、JICA青年海外協力隊員として、ヨルダンへ赴かれる田村彩子さんが、25日に出発を控え、表敬訪問してくれました。
 ヨルダンでは、知的障がいのある子どもたちの通所施設等が全国各地に点在し、教育環境を整えられていますが、自閉症の専門知識がある担当教師がおらず、対応に苦慮されているとのこと。そこで、自閉症の子どもたちの療育経験を積まれた田村さんが、ヨルダンで子どもたちの教育に関わりながら、担任教師のサポート、ノウハウの共有に携わられることになりました。
 くれぐれも健康でご活躍され、志を遂げ、無事に帰国されることを願っています。帰国後、またお話を聞きたいですね。
 

今年は晴天の下の笑顔

コミュニティガーデンぽけっとのバザーの様子とテーブル席でお客さんと談笑する水野市長 6月22日の金曜日は、お昼前、昨年に続き「コミュニティガーデンぽけっと」で催されたバザーにお邪魔しました。
 昨年は天候がイマイチでしたが、今年は青空が広がり、美しい花々や緑で満ちた空間に、たくさんの人が訪れ、買い物、食事を満喫されていました。お客さんを迎えるぽけっとの皆さんも笑顔と活気に満ちていました。
 店先を見て回り、テーブル席でケーキセットをいただいていますと、馴染みの顔、初めてお会いする顔、多くの方が、楽しそうに声を掛けてくれました。公務の都合で、短い時間の滞在でしたが、元気をいただけた、楽しいひと時でした。
 

ページの先頭へ