ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

大阪湾南岸のタコツボ漁具

名 称 :大阪湾南岸のタコツボ漁具

種 類 :有形文化財    

所在地 :阪南市尾崎町

指定年月日:平成28415  

 タコツボ漁は弥生(やよい)時代中期(約2200年前)に大阪湾南岸( )堺市以南)で始まったとされ( )阪南市域でも弥生時代末期(約1800年前( )をはじめとする様々な時代のタコツボや、鎌倉(かまくら)時代(約830680年前)のタコツボを焼いた(かま)が発掘調査で見つかっています( )
 有形文化財である、これらの資料は( )阪南市域だけでなく大阪湾南岸におけるタコツボ漁の歴史を(うかが)うことができる重要な資料です( )

タコツボ有形文化財
タコツボ焼成窯

()(やま)(ひがし)遺跡(箱作)のタコツボ焼成(しょうせい)(がま)

ページの先頭へ