ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

マイナンバーカードの交付申請をされた人へ

マイナンバーカードの交付申請をされた人へ

 

 マイナンバーカードの交付を申請された人には、交付の準備が整った時点で交付通知書(はがき)を送付しています。交付通知書に記載の受取期限が過ぎていても交付できますので、交付通知書をお持ちの人は、できるだけ早く市民課までカードの受取にお越しください。なお、交付通知書を紛失された人は市民課までご連絡ください。

 マイナンバーカードの交付には、交付通知書と以下に記載されたものを持参の上、必ずご本人が市役所にお越しいただき、マイナンバーカードに添付された顔写真とご本人の確認をした上で交付します。交付の際には、通知カード並びに住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)は返納となります。(重複保有不可)

 

 

交付通知書(例)

個人番号カード交付通知書

 

 

ご本人(15歳未満の人又は成年被後見人も必ずご本人が来庁)がマイナンバーカードの受取に必要なもの

※15歳未満の人又は成年被後見人の人は、その法定代理人もご同行ください。

 

□交付通知書(はがき)

□通知カード

□本人確認書類(15歳未満の人又は成年被後見人に同行する法定代理人も同様に必要)

□代理権の確認書類(15歳未満の人又は成年被後見人の法定代理人のみ)

⇒戸籍謄本(本籍地が本市内にある場合は不要)、その他の資格を証明する書類

□住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)

 

本人確認書類(次のAの中から1点又はBの中から2点お持ちください)

 

A 官公署発行の顔写真付きの書類(有効期限内のものに限る)

マイナンバーカード(※)・住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)・運転免許証・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券・身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書 など

※代理人の確認書類

 

B 上記Aをお持ちでない人は、「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載された書類

健康保険証・年金手帳・社員証・学生証・学校名が記載された各種書類・預金通帳・医療受給者証 など

 

 

ご本人が病気、身体の障がいなどにより、市民課窓口にお越しになるのが難しい場合のマイナンバーカードの受取に必要なもの

 

ご本人が病気、身体の障がいなどにより、市民課窓口にお越しになるのが難しく、その内容について証明書又は手帳などで証明できる場合に限り、代理人によるマイナンバーカードの受取を委任できます。

(※仕事・学業が多忙なため、本人が来庁できないといった理由は、やむを得ない理由と認められておらず、代理人による交付を行うことができません。)

 

 

●代理人が交付を受けるときに持参が必要なもの

 

□交付通知書

□ご本人の本人確認書類(※1)

□代理人の本人確認書類(※2)

□代理権の確認書類(※3)

□通知カード

□住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)

□ご本人の出頭が困難であることを証明する書類(※4)

 

(※1)ご本人の本人確認書類は上記Aを2点又は、上記ABをそれぞれ1点ずつ又は、上記Bを3点(うち写真付きを1点以上)が必要です。

(※2)代理人の本人確認書類は、上記Aを2点又は、上記ABをそれぞれ1点ずつが必要です。

(※3)任意代理人の場合は委任状。(交付通知書の委任状欄に記載することも可能です。)

(※4)診断書、本人の障がい者手帳などをご用意ください。

ページの先頭へ