「一粒の種子 むくむくと茂り緑全土を覆ふ」 その1 (2019年9月)

 昭和9(1934)年3月17日、『大阪時事新報(おおさかじじしんぽう※1)』には、( )海を渡り阪南の地で育ったフランスカイガンショウ( )という松が大阪の各地に植えられたことを報じています。この記事では、この松が植えられた経緯や特徴が述べられていますので、( )以下に紹介します。( )

 大正5(1916)年春、箱作(はこつくり)(現阪南市箱作)出身の生田伊作という人( )物が長野県営林局を退職し帰郷した際、フランスカイガンショウを発見、繁殖(はんしょく)させました。

 昭和9(1934)年、( )大阪公園協会が計画した皇太子(現上皇)誕生の記念植樹事業に応じ、( )生田は繁殖させたフランスカイガンショウの苗木1,000本を寄贈し、( )府営四公園(住吉、住之江、箕面(みのお)、浜寺)に植えられました。( )

 この松は、葉の長さ1尺(約30.3cm)、松毬(まつぼっくり)の長さ6寸(約19.8cm)、( )成長率は日本松の3倍とも言われ、( )4年目には1丈(じょう)(約3.8m)、( )15年目には周囲2尺(約60.6cm)という超スピードで成長し、( )原産地では電柱、( )枕木、汽船のマストなどに使われていました。当時、石鹸(せっけん)やテレビン油樟脳(しょうのう)などになくてはならない樹脂(じゅし)も、( )フランスカイガンショウからは、( )一昼夜に2.5匁(もんめ)(約9.375g。日本松の約3.8倍の量)が採取でき、( )年額1千万円にも上る樹脂輸入を減らすことができるため、( )公園協会でも早速植林に着手する(  )ことになりました。( 

)

 

※1 『時事新報』:明治15(1882)年に福澤(ふくざわ)諭(ゆ)吉(きち)が創刊した日刊紙で、明治38(1905)年に大阪へ進出し『大阪時事新報』を創刊。( )1942(昭和17)年に『夕刊大阪』と合併した。( )

※2 フランスカイガンショウ(仏国海岸松):地中海西部沿岸域を原産とするマツ科マツ属の常緑(じょうりょく)針葉樹(しんようじゅ)。高さは20~35m、( )幹(みき)の直径は胸高で1.2m程度から例外的に1.8mまでになる。( )樹皮は赤みが強く、( )深い裂け目が生じる。松葉は長く12~22cmにもなる。松毬は閉じているときの長さが10~20cm、( )径は4~6cmとかなり大きく、( )成熟前は緑色、( )24ヶ月かけて次第に( )熟し赤茶色になる。( )

※3 テレビン油樟脳:針葉樹の幹に切り傷をつけて採取した樹脂を蒸留(じょうりゅう)、精製(せいせい)して得られる精油。各種溶剤(ようざい)およびニスの製造などの原料になる。

フランスカイガンショウ フランスカイガンショウ

フランスカイガンショウ

フランスカイガンショウの樹皮 フランスカイガンショウの樹皮

赤く、深い裂け目を生じる樹皮

フランスカイガンショウの松毬

松毬(向かって左がクロマツ、右がフランスカイガンショウ)