秀吉の天下統一と勇夫善六(2017年9月)

 羽柴秀吉 はしばひでよし)(後の豊臣(とよとみ)秀吉)は天下(てんか)統一(とういつ)の名のもとに全国(ぜんこく)各地(かくち)の反対(はんたい)勢力(せいりょく)の制(せい)圧(あつ)に乗り出し、天(てん)正(しょう)13(1585)年には四国の長曽我部(ちょうそかべ)元親(もとちか)、2年後には九州の島津(しまづ)義(よし)久(ひさ)を平定(へいてい)しました。( )

 これらの遠征(えんせい)に必要な物資(ぶっし)や兵の輸送(ゆそう)は、秀吉の勢力下(せいりょくか)にある漁村(ぎょそん)に浦役銭(うらやくせん)、水主(かこ)(船員)役(やく)などが割り当てられ、尾崎(おざき)村・波有手(ぼうで)村(新(しん)村を含む)では、浦(うら)(海岸(かいがん))の長さから浦役銭40貫(かん)800文(もん)、船(ふね)18艘(そう)、水主40人を太閤(たいこう)検地(けんち)によって負担(ふたん)することになっていました。

 天正18(1590)年、秀吉は小田原(おだわら)の北条(ほうじょう)氏(うじ)政(まさ)・氏(うじ)直(なお)父子を攻め、降伏させました。その攻撃(こうげき)では、波有手村の水主 善(ぜん)六(ろく)が従軍(じゅうぐん)して戦死(せんし)しており、恩賞(おんしょう)としてこれ以降(いこう)、浦役銭1貫と水主1人を減免(げんめん)したということです。

 この功(こう)をたたえ、元文(げんぶん)4(1739)年、波有手村に「勇夫(ゆうふ)善六」の碑(ひ)が建てられました。

 ※太閤検地・・・秀吉が全国的に行った土地の測量(そくりょう)調査(ちょうさ)で、天正10(1582)年から開始(かいし)されました。土地の種類(しゅるい)・面積(めんせき)・等級(とうきゅう)などが調べられ、それらに応じて税(ぜい)がかけられました。( )

西鳥取漁港の東にある「勇夫善六」の碑