天正5年3月 織田信長 波太神社に布陣(2015年3月)

 天(       てん)正(しょう)5(1577)年3月2日、雑賀(さいが)一揆(いっき)鎮圧(ちんあつ)のため南下していた織田(おだ)信長(のぶなが)が波(は)太(た)神社(じんじゃ)に本陣(ほんじん)を構えました。( )

  同年2月、織田信長は和泉(いずみ)を南下、22日には信(しん)達(だち)に陣を置き山手と浜手に分かれ更に南下を続けていました( )。(  )

  山手には佐久間(さくま)右(う)衛門(えもん)(信(のぶ)盛(もり))・羽柴(はしば)筑前(ちくぜん)(豊臣(とよとみ)秀(ひで)吉(よし))・荒木(あらき)摂津(せっつの)守(かみ)(村重(むらしげ))・(  )堀(ほり)久(きゅう)太郎(たろう)(秀(ひで)政(まさ))らが進軍、雑賀の内へ乱入し端々まで焼き払いました。( )堀は小雑賀(こざいが)川(がわ)(和歌川)を挟み対峙(たいじ)した敵方に攻め入るも、岸が高く攻めきれず退却を余儀(よぎ)なくされ( )、( )先陣の通行を守るために紀ノ川の渡り口に陣が敷かれました。( 

  一方、浜手には滝川(たきがわ)左近(さこん)(一(かず)益(ます))・( )惟(これ)任(とう)日向(ひゅうが)(明智光(あけちみつ)秀(ひで))・惟住(これずみ)五郎左衛門(ごろうざえもん)(丹羽(にわ)長秀(ながひで))らが淡(たん)輪(のわ)口(ぐち)(岬町)から更に三方に分かれて山や谷に分け入り、( )雑賀と戦を交えながら進軍、中野城(和歌山市中野)を包囲しました。( )28日、(  )信長は淡輪まで進軍し中野城を降参させた後、同月晦日(みそか)に淡輪を出立(しゅったつ)。( )3月1日に滝川、明智、( )丹羽らに鈴木(すずき)孫(まご)一(いち)の居城を昼夜問わず攻めさせました。(  )そして信長本人がどの方面にも動きやすいように選ばれたのが、( )山手と浜手の軍の間に位置する鳥取(とっとり)郷(のごう)若宮(わかみや)八幡宮(はちまんぐう)(波太神社)でした。(  )この陣で信長は堀らを小雑賀、( )紀ノ川に続く山手に陣取らせました。( )その後、( )鈴木ら雑賀の7頭目(とうもく)は降伏(こうふく)、( )3月21日に信長は陣を払い京へ戻っています( )。(   )

  この時の行軍の記録は、( )織田信長の家臣、( )太田(おおた)牛(ぎゅう)一(いち)が信長の行動を記した『信長(しんちょう)公記(こうき)』巻10に見ることができます。(  )

波太神社

波太神社