12月1日以降の住民センターの利用について

大阪府下における新規陽性者数の減少と病床使用率が低い水準を維持している状況を踏まえた、11月25日に開催された大阪府新型コロナウィルス対策本部会議において、施設利用における感染防止対策を徹底したうえでの人数上限や収容率の制限を緩和することが正式決定され、大阪府知事から府民等へ、新型インフルエンザ等特別措置法第24条第9項に基づく新たな要請がなされました。

このことを受け、11月26日に開催した阪南市新型コロナウイルス対策本部会議において、本市の公共施設等の対応について下記のとおり決定いたしました。

 

地域交流館、市民活動センターなど

公共施設の貸館、貸室利用については、大阪府からの要請に基づく感染防止対策を徹底したうえで、引き続き通常どおりの開館時間で開館する。

 

住民センターにつきましても、大阪府からの要請趣旨を踏まえ、下記条件による利用を各指定管理者へお願いいたしました。

 

対応期間:令和3年12月31日(金曜日)まで

開館時間:通常どおりの午後10時まで

条件

1.感染防止対策(3密の回避、マスク着用、手洗い、こまめな換気等)の徹底]

2.人と人との距離を確保してください。

(大声あり:できるだけ2m、最低1m)

(大声なし:人と人とが触れ合わない程度の間隔)

3.会食を行う際のルールに留意してください。

(同一テーブル4人以内、2時間程度以内で飲食、マスク会食)

 

※「大声あり」は、「観客等が通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」と定義されています。

 

感染拡大を防止するため、施設利用者様におかれましても、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

指定管理者へのお願い文

この記事に関するお問い合わせ先

未来創生部 政策共創室

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:seisaku@city.hannan.lg.jp