ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

藪本家石工用具

名 称 (やぶ)本家(もとけ)石工(いしく)用具(ようぐ)

種 類 : 有形民俗文化財

所在地 : 阪南市尾崎町

指定年月日: 平成21年3月24日

  泉州南部の山間部で産出される和泉(いずみ)()(がん)は、古墳時代(3世紀中頃~7世紀前半)における(せっ)(かん)をはじめ、中世期以降(12世紀後半~)は様々な石造品に利用されてきました。その加工を行う(せん)(しゅう)(いし)()は全国的にも名を知られ、各地で泉州石工の名が(きざ)まれた石造物が確認されています( )しかし、戦後急速に衰退し、伝統的な技術が失われつつあります( )

  指定の物件は所有者が先代(親方)から受け継いだ( )機械化される以前から使用してきた伝統的な石工用具です( )石材加工用の道具だけでなく、携帯式の(ふいご)に代表されるように、加工具の製作や手入れの際に使用する用具まで揃っており( )本市における伝統的な技術や産業を考えるうえで重要な資料です( )

( )



藪本家石工道具
製図見本

『新撰石工雛型』(作品見本)

ページの先頭へ