ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

箱作の盆踊り

名 称 箱作(はこつくり)の盆踊り

種 類 : 無形民俗文化財

所在地 : 阪南市箱作

指定年月日: 平成20年3月21日

  音頭( おんど)は長い物語を唄う「くどき形式」ですが、音頭と踊りの調整のため、小歌形式の異なる曲を挿入させます。これは市内に古くから伝わる( )他の盆踊りには見られない箱作特有のものです。また物語の題材は「雷電(らいでん)遺恨(いこん)相撲(ずもう)」、「会津(あいづ)小鉄(こてつ)」ですが、昭和27(1952)年頃以前には「傾城(けいせい)阿波(あわ)(なる)()」もくどかれていたようです( )

  昭和50(1975)年頃に中断されましたが( )平成7(1995)年に保存会によって復活し、継承されています( )



箱作盆踊り

ページの先頭へ