ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

葛城修験が日本遺産に認定されました(2020年8月)

 令和2年6月、『「葛城(かつらぎ)修験(しゅげん)」-里人とともに守り伝える修験道はじまりの地』が「日本遺産」に認定されました(※1)。

 日本遺産は、平成27(2015)年度から開始された制度で、地域の歴史や伝承、風習などをひとつのストーリーにし、関連する建造物、遺跡、名勝地、祭りなどの有形・無形の文化財をひとまとめにして観光などに利用し、地域の活性化を進めるものです。一方、近年「百舌鳥・古市古墳群」が登録された世界遺産は、世界中の人類全体で価値のある文化財や自然を損傷・破壊から保護することを目的としています。

 ストーリーの題材となった葛城は、修験道の開祖と言われる(えんの)小角(おづぬ) (※2)がはじめて修行を積んだ地と言われています。葛城修験(※3)は、法華経(ほけきょう)8巻28(ほん)(※4)を1品ずつ埋納したと伝わる経塚と滝、巨石、寺、(ほこら)などの修行の場から構成されます。また、山麓(さんろく)に住まう里人の信仰や生活に密接な関わりがあり、これらをまとめたストーリーが日本遺産に認定されました。

 葛城修験のストーリーにおける構成文化財のうち、第4番経塚が阪南市に所在します。『(かつ)(れい)雑記(ざつき)』(※5)には第4経塚が「さくら地蔵を三十歩ゆきて梵字石あり」と記されています。その梵字石とされる石碑は現在、(さかい)(だに)入口に立っています。和泉砂岩製の自然石で、文安(ぶんあん)5(1448)年銘があります。また、JR 山中渓(やまなかだに)駅南側に所在する、(えい)(ろく)12(1569)年銘の六十六部供養(くよう)塔石碑を当経塚とする説もあります。

 

※1申請者は、和歌山県(代表)、奈良県、大阪府と阪南市を含む19市町村。

※2役小角…(えんの)行者(ぎょうじゃ)。7世紀末に葛城山にいた呪術(じゅじゅつ)者。

※3葛城修験…詳しくは「葛城修験道と桜地蔵経塚」『文化財あれこれ』 (2015年12月)を参考。

※4法華経8巻28(ほん)…妙法蓮華経は8巻からなり、28章に分かれている。

※5『(かつ)(れい)雑記(ざつき)』…()(えい)5(1850)年に著された修験道の案内本。

さくら地蔵

文安5(1448)年銘碑(境谷入口)

奉納大乗妙典碑

永禄12(1569)年銘碑(JR山中渓駅南側)

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ