ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

山中家文書が市指定文化財に その1(2020年4月)

 阪南市では、市内に存在する文化財のうち、市にとって重要なものを「阪南市文化財保護条例」に基づき市指定文化財に指定しています。これまで絵画や彫刻などに加え、盆踊りや地元の生業にかかわる「阪南らしい」ものを、有形・無形を問わず指定してきました。

 令和2年4月30日、市指定文化財に『和泉(いずみ)(のくに)日根(ひね)(ぐん)箱作(はこつくり)(むら)(やま)中家(なかけ)文書(もんじょ)』が阪南市有形文化財に指定されました。平成12年に阪南市文化財保護条例を施行して以来、初めての古文書指定で、総数9,497点という膨大(ぼうだい)な史料が江戸時代から明治時代にかけて連続的、かつ、比較的良好な状態で残されていました。

 山中家は江戸時代に紀州から和泉国へ移ったと伝わり、箱作村や山中新田村(※1)の庄屋だけではなく、貝掛村や現在の岬町を含む一帯の大庄屋を担いました。この一帯は(じょう)(きょう)元(1684)年から幕末にかけて、譜代(ふだい)大名(だいみょう)(※2)である土浦藩(つちうらはん)土屋(つちや)家の飛地領(とびちりょう)(※3)のため、山中家文書はひとつの村の情報だけではなく、飛地領支配の状況も読み取ることができる貴重な史料です。

 

 

※1山中新田村…現在の南山中(箱作と岬町との間)にあった近世の村。詳しくは「山中新田」『文化財あれこれ』 (2018年11月)を参考。

※2譜代大名…天下分け目の戦いとされる関ケ原(せきがはら)の戦い(1600年)以前から徳川家に仕えていた者で、江戸幕府において要職を担った。

※3飛地領…各地に分散している領地のこと。土浦藩の本拠地は主に、現在の茨城県土浦市。

山中家文書御用日記

←山中家文書の御用(ごよう)日記

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ