ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

泉州地方に被害をもたらした台風(2018年9月)

    平成30年9月4日に大阪を(おそ)った台風21号は( )泉州地方に大きな被害を与えました( )被害に合われた方の早期復旧を祈るばかりです。この台風は午後0時頃、徳島県南部に上陸( )その時の中心気圧は950hPa( )最大瞬間(しゅんかん)風速は45m/sで、淡路島から大阪湾を通過( )神戸市付近に再上陸しました( )泉州地域は自然災害が少ないと思われていますが、過去にも度々大きな台風が襲っています( )

    昭和9(1934)年9月21日午前5時10分( )高知県室戸(むろと)の西方数kmに中心気圧912mbar()、平均風速45m/sという勢力で上陸( )その後、徳島、洲本(すもと)を通って大阪湾に入り( )午前8時頃神戸の東方に上陸しました( )後にこの台風は室戸台風と名付けられました。大阪湾では風速50m/s前後の風が吹き荒れ( )8時10分には約4mの高潮(たかしお)襲来(しゅうらい)したそうです( )この台風により大阪府下全体で( )死者1,812名、重軽傷9,008名、行方不明76名( )家屋全壊・半壊・流出14,578戸、床上浸水(しんすい)126,871戸( )床下浸水26,478戸という甚大な被害がもたらされました( )

    阪南町(当時)域は( )台風通過経路の東側に位置するため( )風が相当激しかったと思われます。被害は建物の一部倒壊(とうかい)と多くの傾斜(けいしゃ)破損(はそん)はあったものの( )死者は出ませんでした。

    昭和36(1961)年9月16日には( )室戸台風に勝るとも劣らない規模(きぼ)( )同様のコースをたどったことから第二室戸台風と名付けられた台風が、泉州地方にも大きな被害をもたらしました( )

    阪南町(当時)域では( )午後2時頃に最大瞬間風速60m/sに達しました( )東鳥取町(桑畑、石田、黒田、下出、自然田、鳥取中、山中渓)では( )全壊4戸、半壊61戸( )非住家(住家以外の建築物。例えば官公庁( )病院、倉庫など)の損壊213戸に加え( )一部破損は数えきれないほどでした( )南海町(尾崎、新町、鳥取、貝掛、箱作)は( )海岸部であっただけに風雨ともに激しく( )民家の全壊( )半壊や屋根瓦( )塀などを含む家屋の一部破損など( )被害をうけなかった家はほとんどなかったということです( )

※「mbar(ミリバール)」;日本気象台の気圧の単位で、1992年12月1日から国際単位「hPa(ヘクトパスカル)」に変更した。1mbar=1hPa。

台風21号被害 市立体育館

台風21号被害 市立体育館

(平成30年9月4日)

市立幼稚園

台風21号被害 市立幼稚園

(平成30年9月4日)

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ