ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市域の製糖業(2018年2月)

 泉州地域の砂糖(さとう)づくりは、江戸(えど)時代後期から明治(めいじ)時代にかけて(もん)羽織(ぱおり)などと並ぶ当地の主産業で( )原料である甘蔗(サトウキビ)も盛んに栽培されていました( )

 『農事(のうじ)調査(ちょうさ) 大阪府之部(おおさかふのぶ)』(明治10~20年代に(のう)商務省(しょうむしょう)〈現 農林(のうりん)水産(すいさん)省・経済(けいざい)産業(さんぎょう)省〉が実施した調査の記録)によると(  )阪南市域で砂糖生産が初めて行われたのは寛政(かんせい)年間(1789~1801年)のことで、幕府(ばくふ)から摂津国(せっつのくに)西成郡(にしなりぐん)中島村(なかしまむら)大字(おおあざ)江口(えぐち)(大阪市東淀川(ひがしよどがわ)区の一部)に伝えられ( )それが鳥取(とっとり)(なか)村(阪南市鳥取中)と黒田(くろだ)村(阪南市黒田)に伝わったと記されます(   )

 砂糖づくりは高い収益(しゅうえき)を得られる仕事だったようで( )米作りを止めてまで甘蔗を栽培する農家もあり、本田畑(ほんでんぱた)年貢(ねんぐ)を納めている古くからある田畑)での栽培禁止の御触(おふ)れが何度も出されました( )それほど盛んに行われていた砂糖づくりですが(  )明治時代になると海外から安価な砂糖が輸入されるようになり(  )また機械化の影響も受けて急速に衰退(すいたい)し、砂糖づくりを行っていた記憶も使用された用具類も失われつつあります( )

 当市教育委員会では(  )市域に残る砂糖製造に関する用具8点を(  )江戸時代後期から明治時代における生業(せいぎょう)を今に伝える貴重(きちょう)な資料として(   )平成29年12月22日に阪南市指定文化財に指定しました(  )

 次回は、かつて行われていた砂糖の作り方についてご紹介します(  )

 

甘蔗しぼりの様子

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ