ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

絵図にみる江戸時代の阪南市(2014年11月)

 

  阪南市は( )明治時代以降町村の合併を繰り返して誕生しました。江戸時代の終わりには( )「尾崎村」( )新村(しむら)」「波有手村(ぼうでむら)」「(かい)掛村(かけむら)」「(まい)(むら)」「箱作(はこつくり)(むら)」「(やま)中新田村(なかしんでんむら)」「下出村(しもいでむら)」「黒田村」「自然(じねん)田村(だむら)」「山中村(やまなかむら)」「中村(なかむら)」「石田村(いしだむら)」「桑畑(くわばた)(むら)」の14ヵ村が存在していたとされています( )

  これらの村名の多くは( )今日の阪南市に受け継がれています( )しかし( )「舞村」は明治時代に消滅し( )「波有手村」や「中村」「山中村」は( )それぞれ鳥取( )鳥取中( )山中渓(やまなかだに)に名称が変わっています( )また( )「山中新田村」は( )箱作の一部となっています( )

  市内に残る江戸時代の絵図や古文書をみると( )14ヵ村が集落として記載されている他( )箱作には「箱作東村」「箱作西村」「(いい)()(みね)畑村(ばたむら)」等の表現が見られます。また( )通称「福島」地区は( )「尾崎村ノ内福島」という表記がされており( )当時から小さな集落が存在していたようです( )この他、男里川(おのさとがわ)が「大川」と表現されています( )

  このように( )百数十年の歴史の流れの中で村々が変わり( )阪南市が生まれました( )

絵図

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ