ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

尾崎村役場(2014年9月)

 

    江戸時代、阪南市域には14の村ありましたが、明治22年に合併し、桑畑(くわばた)村、石田村、黒田村、下出(しもいで)村、自然(じねん)()村、中村、山中村が東鳥取村に、波有手(ぼうで)( )新村(しむら)が西鳥取村に、貝掛村、山中新田村が下荘村となり( )合併しなかった尾崎村と合せて4ヵ村となりました(  )

     尾崎村役場は木造瓦葺(かわらぶき)平屋の民家を改装して庁舎としてきましたが(  )手狭になったた、昭和3( )年度に( )村内有志の寄付金や旧庁舎売却による代金などで庁舎新築の計画が立てられました(  )

    新しい庁舎は鉄筋コンクリート3階建て(地階を含む)( )延べ床面積は107坪(約353平方メートル)で、地元出身で当時の村長であった錢高善造(ぜにたかぜんぞう)の創業した錢高組が工事を請負い(  )地方にはみられないほどの豪華な建物になりました(  )

    その後、昭和14年に尾崎村が尾崎町となった後( )昭和31年に尾崎町・西鳥取村・下荘村が合併して南海町(  )昭和35年には町制施行した東鳥取町と南海町が合併して阪南町になってからも庁舎として使用され続けました(  )そして、昭和51年に現在の庁舎が完成したことで、庁舎としての役割を終え、現在は尾崎住民センターとして使われています( )

    阪南町は平成3年10月1日に市制施行により阪南市となりました( )

尾崎村役場

尾崎村役場

南海町役場(当時)

南海町役場

現在の尾崎住民センター

尾崎住民センター

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ