ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

田植え行事と伊勢神楽(2014年7月)

  

 今年もあちらこちらで田植えが行われる季節となりました( )現在では田植え作業も機械化されていますが( )50年程前までは手で苗を植えるのが主流だったため重労働であり( )また( )一斉に行わなければならず( )隣近所、親類が総出で行っていました( )

 田植えが終わると「泥休(どろやす)み」といって( )それぞれの家では2日ほど休んで団子を作り( )酒宴(しゅえん)などを催し( )慰労(いろう)をおこないます( )また、田植え最後の日を「おんだ」といって苗3把をよく洗い( )神酒(みき)(せん)(まい)とともに新しい()に入れて田の神に供えました( )

 泥休みが終わり草取りの時期になると( )今でも伊勢(いせ)神楽(かぐら)がやってきます( )伊勢神楽は江戸時代中期(約2~300年前)から始まったといわれ( )伊勢神宮へ参拝できない人々の代わりに伊勢からやってきます。数人がグループになって各村をまわり( )笛、太鼓( )鉦の音にのせて獅子(しし)神楽(舞)を舞って荒神を払い( )神札を配り歩きます( )家々をまわった後は( )地元の神社ですべての舞と放下(ほうか)(曲芸)を奉納(ほうのう)する「総舞(そうまい)」が行われます( )

    伊(   い)()(だい)神楽(かぐら)講社(こうしゃ)が行う伊勢大神楽は重要無形民俗文化財に指定されています( )

伊勢神楽

伊勢神楽(尾崎町内)

伊勢神楽2
伊勢神楽3

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ