ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

海岸の「語り部」 ヒトモトススキ(2014年4月)

 

 ヒトモトススキ(一本(ひともと)(すすき))は中国からインド( )マレーシア( )オーストラリアまで分布し( )日本では関東南部から四国、九州、沖縄までの海岸近くに多く生える植物です( )

 ススキという名前がついていますが( )イネ科のススキではなく、カヤツリグサ科の多年草で、一株から多数の葉を出す形態がススキに似ていることから名前が付けられました( )

 株は大きく、高さは2mあまりに達します。花は8~10月頃に花茎の上の方の数節から出て、褐色( )で長さ3mmの小穂を無数に密生させます( )葉は幅1cmくらいの広線形で、長さ1m近くにもなり、硬く、縁にはきわめて(するど)(きょ)()があり( )その葉がノコギリの刃のようで、イノシシさえ切れるほど鋭いという意味から、別名シシキリガヤとも呼ばれます( )

 大阪府下では、かつて、海岸でも普通に見られましたが護岸(ごがん)工事(こうじ)などで消滅し、現在は本市の箱作(はこつくり)旧海岸と縄文時代の温暖期に大阪湾の入江になっていたといわれる東大阪市日下(くさか)に残るのみとなっています( )

 東大阪市のものは昭和49年3月25日、阪南市のものは平成17年3月24日にそれぞれの市の天然記念物に指定されています( )

 現在の海岸線を伝える「(かた)()」であるヒトモトススキをみんなの力で守りましょう( )

全景(3株)

全景(3株)

つぼみ

つぼみ

はな

実

鋸歯状の葉

鋸歯状の葉

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ