ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南ほっこりプロジェクト(共生の地域づくり推進事業)について

 地域力強化推進事業と多機関の協働による包括的支援体制構築事業に、事業が分かれており、地域力強化推進事業においては、社会福祉協議会に委託し、地域の問題を地域で解決できる地域づくりを推進しています。

 また、多機関の協働による包括的支援体制構築事業は、多種多様な民間の機関をネットワーク化し、多種多様な民間の機関と市が連携し、地域で解決できない問題などを丸ごと受け止める体制を構築するため事業を推進しています。

 本市では、多機関の協働による包括的支援体制構築事業の推進にあたり「くらし丸ごと相談室」「阪南市共生の地域づくり庁内連携推進会議」を設置しました。

くらし丸ごと相談室について

 阪南市では、くらし丸ごと相談室を平成30年7月より設置しました。

どこに、相談していいかわからない相談など、お気軽にご相談ください。

  ≪相談例≫

 家庭内に複数の困りごとを抱えている。

 ひきこもっている家族のことが心配

 自宅が収集したものであふれている。

 多重債務で苦しんでいる、金銭管理ができない など

                    くらし丸ごと相談室 (福祉部内)

                    開設日時: 平日8時45分~17時15分(日祝除く)

                    電話 072-471-5678(内線2228)

 

阪南市共生の地域づくり庁内連携推進会議について

 地域で解決できない問題や市民のみなさんからの相談ごとを「丸ごと」受け止めるために、庁内連携推進会議を開始しています。

 平成30年5月24日の第1回目から開催した庁内連携推進会議も平成30年12月27日に第6回目を開催しました。

 庁内連携推進会議では、庁内での市民の方からの相談に対する職員の気づきや、ひきこもりの研修などを実施し、庁内の職員の福祉への意識の向上や庁内の連携を図っています。

第7回庁内連携推進会議で舞校区福祉委員会さんがご講演してくださいました。

 庁内連携推進会議では、日頃、市役所から地域にいくことが少ない職員が、地域に出向いて、地域活動を学ぶことも目標にしています。

 今回は、地域に出向く、前段階として、地域福祉の取組が進んでいる舞校区福祉委員の7人の方に市役所にお越しいただき、取組についてご講演いただきました。

 舞校区福祉委員会さんは、校区福祉委員会の活動に加えて、MSS(舞シニアサポート)という制度を構築されております。「私たちのことは私たちで守る」「一人でも孤立しない活動」という気持ちやきめ細やかなMSSの活動の実態をお伺いし、紙からだけではわからない活動を学びました。

講演会の様子

ひきこもりのカフェ

共生の地域づくり推進事業の一環としてひきこもりの人を対象としたカフェを開催します。

カフェで、何か話をしてもいいし、しなくてもいいです。

みなさんが、家以外にいる場所があればいいなということからの開催です。

今後は、定期的に開催する予定ですが、第1回目は、平成31年1月21日(月曜日)15時~17時に開催します。

家から出て、カフェですごしてみませんか。お待ちしております。

 

関連リンク

お問い合わせ先

福祉部 市民福祉課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:s-fukushi@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ