ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

地域福祉推進計画

 「地域福祉推進計画」は、社会福祉法に基づく計画であり、「阪南市総合計画」を上位計画とし、地域保健、地域福祉関連諸法とそれに基づく個別保健福祉計画(高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画、障がい者基本計画、障がい福祉計画、子ども・子育て支援事業計画)を包含し、これら個別の分野計画を横断的にとらえた地域福祉を推進するための計画です。

 本市では、誰もが、住み慣れた地域で、安心して健康に暮らしていくために、地域でのつながりを大切にし、互いに助け合いながら、“共に生き、支え合う社会”の実現に向けた地域福祉を推進しており、近年の少子高齢化の進行、ライフスタイルの多様化、核家族化により、地域社会での地域住民の社会的なつながりが希薄化しているなか、住民、事業者及び行政による協働・役割分担により、このような地域福祉の推進に具体的に取り組むことを目的に、市(公)が主体となって、地域福祉を推進するための理念や仕組みをつくる「地域福祉計画」と、社会福祉協議会を中心に市民(民)が主体となって、市民の活動・行動のあり方を定める「地域福祉活動計画」を一体とし、公と民が力を合わせて「地域福祉推進計画・実施計画」を策定しました。

「第3期阪南市地域福祉推進計画及び同実施計画」

 『地域福祉推進連絡協議会(公募市民、公・民関係団体・機関の代表者、学識経験者で構成)』及び『地域福祉推進計画作業委員会(公募市民、当事者団体・ボランティア・市民活動団体・校区(地区)福祉委員会の代表者、学識経験者、市役所の関係職員及び市民福祉課・社会福祉協議会事務局で構成)』を設置し、第2期阪南市地域福祉推進計画の見直し、進捗管理などを行い、地域福祉の推進に向けて取り組んできました。

 「第3期阪南市地域福祉推進計画及び同実施計画(計画期間は平成29年度から平成33年度の5年間)」は、『地域福祉推進連絡協議会』及び『地域福祉推進計画作業委員会』を中心に策定作業を進めるとともに、12校区(地区)別での住民懇談会の開催、団体ヒアリング及びパブリックコメントの実施など、さまざまな機会を通じて市民の意見を反映しながら策定しました。

  また、実施計画においては、具体的な取り組みと内容を掲載し、併せて平成33年度までの事業の継続、協議、新規、拡充などのスケジュールを示しています。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

福祉部 市民福祉課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:s-fukushi@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ