ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

各種証明と手数料

各種証明の発行には下記の手数料及び申請者本人の確認資料としてマイナンバーカード、旅券、運転免許証その他官公署が発行した証明書等(顔写真が貼付されたもので有効期間内のものに限る。)又は、その他本人であることを証する書類(健康保険被保険者証等)の複数の提示が必要です。通知カードは本人確認書類にはなりませんのでご注意ください。

また、請求できる方は、戸籍関係は戸籍に記載されている者又は配偶者、直系尊属もしくは直系卑属の方、住民票関係は同一世帯の方、身分(身元)証明書、独身証明書は本人となります。

上記でない方(代理人)が請求する場合は、委任状(*1)が必要です。

戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄(抄)本)等は本籍地の市区町村でないと発行できません。

 

戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄(抄)本) 1通につき 450円
除籍全部・個人事項証明書(除籍謄(抄)本) 1通につき 750円
改製原戸籍謄(抄)本 1通につき 750円
戸籍の附票の写し 1通につき 300円
戸籍届出の受理証明書 1通につき 350円
戸籍記載事項証明書 1通につき 350円
身分(身元)証明書 1通につき 300円
独身証明書(※) 1通につき 300円
住民票記載事項証明書 1通につき 300円
住民票の写し 1通につき 300円

※事業者による代理人申請はできません。

 

郵送請求について

各種証明書は郵送で請求することもできます。戸籍関係の証明は戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)等請求書(*2)に必要事項を記入し、下記の書類とあわせて市民課あてにご送付ください。住民票関係の証明は、住民票の写し等請求書(*3)に記入してください。

 

郵送請求の際に必要なもの

 

1.手数料

※現金ではなく郵便局で定額小為替を購入いただき、同封してください。切手や収入印紙は、手数料として受け取ることができません。

 

2.返信用封筒(住所・氏名を記入し、切手を貼りつけたもの)

※返送先は原則申請者の住民登録地です。それ以外に返送を希望する場合、その理由を詳しくお書きいただき、送付先を確認できる資料を送付してください(例:勤務先⇒社員証、滞在先⇒公共料金の請求書や賃貸借契約書の写し等)。

 

3.住所の確認できる本人確認書類のコピー

※マイナンバーカード(表面のみ)・運転免許証等。旅券(パスポート)や住所の記載のない保険証の場合、もう1種類現住所が記載された証明書のコピーを同封してください。

 

4.代理人が請求する場合は、委任状及び代理人の本人確認書類(上記3参照)

 

 

※請求書はボールペン等で記入し、また氏名欄には印鑑(朱肉を使うタイプのもの)を押してください。連絡先は必ず日中連絡のつく電話番号をご記入ください。

※請求理由、提出先を具体的に記入し、個人事項証明書(戸籍抄本)、住民票(個人)の写し、身分(身元)証明書、独身証明書が必要な場合はその方の氏名をご記入ください。

 

 個人番号入り住民票の写しの交付請求について

  個人番号入りの住民票の写しの請求をする際には、以下の点についてご注意下さい。

・個人番号入りの住民票の写しが必要かどうか、提出先へ事前にご確認の上、請求してください。

・個人番号を記載した住民票の写しの提出先は、法律により、番号法に定められた事務に限られていることから、行政機関、地方公共団体、独立行政法人のほか、社会保障、税、災害対策の手続きを行う民間事業者に限定されています。

・番号法に定められた事務以外の用途で個人番号入りの住民票を提出すると、使用できない場合があります。その場合は、再度、個人番号を省略した住民票を請求してください(差し替え不可)。

 なお、住民票の写しの請求をする際には、本人確認書類が必要です。

《世帯員以外の代理人が請求される場合》

・代理人のご本人確認並びに、委任状(個人番号入りとの旨が記載されたもの)(*1)が必要です。

・代理人に対して、直接、交付することはできません(即日交付不可)。

・本人または本人と同一世帯の方の住所地へ郵送(申請者負担)となります。

※個人番号入りの住民票を提出したことによるトラブル等について、本市では一切その責は負いかねます。ご了承願います。

 

 

  

広域交付住民票(1通300円)

住民基本台帳ネットワークシステムを利用して、住民登録をされている市区町村以外の役所で住民票の写し(広域交付住民票)の交付を受けることができます。

ただし、請求は本人及び同一世帯の方に限ります。

広域交付住民票を請求する際には、本人確認書類としてマイナンバーカード、旅券、運転免許証その他官公署が発行した証明書等(顔写真が貼付されたもので有効期間内のものに限る。)が必要です。

   

※ 広域交付住民票には、本籍地・筆頭者氏名・同一市内での住所の履歴は記載されません。(同一市内でも区が違う場合は除く)また、消除された住民票(除票)の発行はできません。詳細は住民登録をされている市区町村の役所にお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

市民部 市民課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:shimin@city.hannan.lg.jp

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
戸籍・住民登録・証明

ページの先頭へ