ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

玉田山1号墳

名 称 玉田山(たまだやま)1号墳

種 類 : 史跡

所在地 : 阪南市自然田

指定年月日: 平成14年1月29日 

  玉田山の西(さん)(ろく)に所在する、直径11.5m、残存高3.9mの円墳で、昭和36(1961)年1月の水路整備工事中に発見され、調査が行われました( )

  石室は(りょう)(そで)(しき)横穴式(よこあなしき)石室(せきしつ)で、玄室(げんしつ)(ひつぎ)(おさ)める部屋)は長さ2.90m、幅1.60m、羨道(せんどう)(玄室に通じる通路)は長さ3.50m( )幅0.97mを測ります。玄室からは金や銀の()(かん)須恵器(すえき)(てつ)(ぞく)(  )ガラス製の小玉などが出土し( )これらの遺物から7世紀初頭の古墳と考えられています。()(そう)(しゃ)は定かではありませんが( )玄室の敷石が2層になっていたことから( )少なくとも2回埋葬(まいそう)が行われたと思われます( )

 

 )

玉田山1号墳

外観

玄室

玄室

ページの先頭へ