ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

自然居士のいちょう

名 称 : 自然(じねん)居士(こじ)のいちょう

種 類 : 天然記念物

所在地 : 阪南市自然田

指定年月日: 昭和56年6月1日  

  樹高約16m、目通り約1.2mを測る( )樹齢約480年の大きないちょうの木で、秋には銀杏(ぎんなん)が鈴なりに実ります( ) 

  自然居士とは、室町(むろまち)時代前期(約620~550年前)に成立した(かん)()()謡曲(ようきょく)「自然居士」の主人公で、この自然居士を(まつ)(ほこら)(かたわ)らに所在することから「自然居士のいちょう」と呼ばれ、地元の人たちに親しまれています( )

( )

自然居士のいちょう

ページの先頭へ