ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

宗福寺 木造地蔵菩薩坐像

名 称 : (そう)福寺(ふくじ) 木造(もくぞう)地蔵(じぞう)菩薩(ぼさつ)坐像(ざぞう)

種 類 : 彫刻

所在地 : 阪南市箱作

指定年月日: 昭和56年6月1日

   温和な表情と洗練(せんれん)された端正(たんせい)な姿をとどめる、像高約52cmの寄木造(よせぎづく)りの仏像です。作風から平安時代後期(1220~860年前頃)に造られたと思われます( )もとは彩色(さいしょく)されていたようですが、現在は木の肌を見せていて( )美しい木彫りのあとが見られます(  ) 
  像の胎内(たいない)には、嘉元(かげん)3(1305)年12月に(けん)(りょう)(ぼう)という僧が記した墨書が見られ、そこから本来どこかの(やく)()()と呼ばれる寺院の()(ほとけ)であったことが分かります( )また、宗福寺に残る『(いいの)(みね)山地蔵尊(えん)()』によると、地蔵像はもと箱作山中の飯峯山地蔵寺にあったということですが、旧薬師寺の御仏がどのような(けい)()で飯峯山地蔵寺に伝わったかは明らかではありません。

( )

宗福寺 木造地蔵菩薩坐像
墨書

墨書

ページの先頭へ