ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

加茂神社 本殿

名 称 : 加茂(かも)神社 本殿

種 類 : 建造物

所在地 : 阪南市箱作

指定年月日: 昭和45年2月20日

 鳥居( とりい)をくぐると左側に庁屋(ちょうや)、正面に真新しい拝殿(はいでん)があり、その奥に桃山時代(約440年前)の建築とされる本殿が建っています( )

 本殿は、一間社(いっけんしゃ)流造(ながれづくり)という代表的な建築様式です。流造というのは平入り屋根の前側を長く延ばした形式です( )屋根は阪南市内に唯一残る檜皮(ひわだ)()きで、過去に数回()き替えに伴う大規模な修理が行われています。身舍(もや)の彫刻は彩色がかなり落ちてはいるものの、相当な腕前の職人の手によるものと考えられています( )祭神の玉依比売(たまよりひめの)(みこと)は社記によると、(こう)(にん)4(813)年、京都の下鴨(しもがも)神社(じんじゃ)から分霊(ぶんれい)してきたと言われています( )

 当条例による建造物の第一号指定物件で( )慶長(けいちょう)15(1610)年銘の(いし)(どう)(ろう)とともに指定されました( )

 

加茂神社 本殿

本殿

加茂神社 燈篭

燈籠

ページの先頭へ