ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

黒田  黒田寺の鉦講

名 称 : 黒田(くろだ) 黒田寺(こくでんじ)鉦講(かねこう)

種 類 : 無形民俗文化財

所在地 : 阪南市黒田

指定年月日: 平成21年1月16日

 真言宗(  しんごんしゅう)から浄土宗(じょうどしゅう)改宗(かいしゅう)したのは徳川時代に入ってからのことといわれ、鉦講はその改宗以後に組織されたものと考えられています(   )

 戦時中に双盤(そうばん)をすべて供出(きょうしゅつ)したため鉦講は中断されました。その後復活したものの再び中断しますが、平成元(1989)年にただ一人の伝承者(でんしょうしゃ)の指導をうけて再度復活し、現在に至っています( )

黒田寺 鉦講

ページの先頭へ