ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

波太神社 本殿、末社三神社

名 称 : ()()神社(じんじゃ) (ほん)殿(でん)末社(まっしゃ)三神(さんじん)社本(じゃほん)殿(でん

種 類 : 建造物

所在地 : 阪南市石田

指定年月日: 平成5年12月9日 

 阪南市石田に所在する()()神社(じんじゃ)( )延長(えんちょう)5(927)年に完成した『延喜式(えんぎしき)』に記載されている日根(ひね)(ぐん)(現・泉佐野市から岬町域)10座のひとつです(  )

 波太神社の鳥居をくぐって正面に見えるのは昭和10(1935)年頃に建て替えられた拝殿で(   )その奥に本殿があります(  )本殿は三間社(さんげんしゃ)流造(ながれづくり)で正面に千鳥(ちどり)破風(はふ)が二ヶ所、中央には(から)破風(はふ)が見られます。内部は3つの()に仕切られ( )向かって右側にはこの地方の豪族(ごうぞく)であった鳥取氏の祖神である角凝(つのこりの)(みこと)、中央には(あい)()をもうけ( )左側には指出森(さしでのもり)神社の主神であった(おう)(じん)天皇(てんのう)(まつ)られています。

 本殿の南に位置する末社三神社も三間社流造で( )本殿とともに優美な建築様式のたたずまいを見せています。内部の3つの間には、向かって右から(あめの)湯河板拳(ゆかわたなの)(みこと)(鳥取氏の祖)、神功皇后(じんぐうこうごう)(応神天皇の母)、応神天皇に仕えた武内宿禰(たけのうちのすくね)(まつ)られています( )

 なお、屋根はいずれも檜皮葺(ひわだぶき)でしたが、現在は銅板(どうばん)()きかえられています(  )

(  )

波太神社 本殿

本殿

波太神社 末社三神社(南殿)

末社三神社(南殿)

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財保護法による指定文化財(重要文化財)

ページの先頭へ