ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

学校制度のはじまり(2017年5月)

 現在の学校制度は、明治5(1872)年8月の「学制(がくせい)発布(はっぷ)により、その原形ができました。学制は全国を8大学区・256中学区・53,760小学区に区分けし( )それぞれに大学・中学校( )小学校を1校ずつ設置することで実施され( )それまで庶民(しょみん)の教育を(にな)っていた寺子屋(てらこや)私塾(しじゅく)(ごう)学校(がっこう)(※)などは廃止(はいし)されるところもありましたが、整理(せいり)統合(とうごう)したり、そのまま学校へ移行したところも多かったようです( )

 阪南市域では、明治5年8月に下出(しもいで)極楽寺(ごくらくじ)の郷学校が第三一番小学(小学校)に( )明治6年6月、箱作(はこつくり)(そう)(ふく)()の郷学校(淡輪(たんのわ)西(さい)教寺(きょうじ)の郷学校の出張所)が第三二番小学になり( )明治6年11月には第三一番小学の学区から自然(じねん)()村・石田村・桑畑(くわばた)村・中村が分離して自然田村瑞寶寺(ずいほうじ)に第五二番小学が開設されました。さらに明治7年4月には、波有手(ぼうで)村(現在の鳥取)の西光寺(さいこうじ)に第一○六番小学が開設されました(  )これらの学校は、それぞれ現在の尾崎小学校、下荘小学校、東鳥取小学校( )西鳥取小学校にあたります。

 上記のように、当初は寺院などで授業が行われていましたが( )その後、住民から寄付(きふ)(つの)って校舎が建設されました( 


※ 江戸時代末期(160~150年前頃)に幕府(ばくふ)(はん)武家(ぶけ)子弟(してい)や庶民を教育する目的で各地に設置した学校で( )明治初期(150年前頃)には地域の有志者(ゆうししゃ)等によって庶民教育を行うため(さか)んに設置されました(  )

極楽寺

第三一番小学が置かれた極楽寺(下出)

宗福寺

第三二番小学が置かれた宗福寺(箱作)

瑞寶寺

第五二番小学が置かれた瑞寶寺(自然田)

西光寺

第一〇六番小学が置かれた西光寺(鳥取)

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ