ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

「湧泉之碑」 ~鳥取中の抜水~(2016年7月)

 鳥取中( とっとりなか)の交差点にある「湧泉之碑(ゆうせんのひ)」と記された石碑(せきひ)( )明治34(1901)年に鳥取中の村民が根来(ねごろ)(もん)治郎(じろう)遺徳(いとく)をしのんで建立(こんりゅう)したものです(  )

 鳥取中地区は昔から水不足に(なや)んでおり、何とか水を引いて米の収穫量(しゅうかくりょう)を上げたいとの思いから( )紋治郎は豊かな地下水に目を向け( )抜水(ぬきず)」というかんがい設備を考案しました(  )

 抜水のしくみは( )水を引きたい耕地より高所にある井戸の側面にトンネルをくり抜き( )水を(みちび)くというものです( )当時( )水を引かせてもらう家は井戸の持ち主に対して一時金を支払ったようですが( )それ以外は何の負担(ふたん)もなかったことから、()き水の利権(りけん)ということよりも自然の恩恵(おんけい)を共有し、村全体で助け合っていたのでしょう( )

 抜水が作られた明治初年頃( )地中1m程の所に傾斜(けいしゃ)を付けて瓦管(がかん)を数10mから数100mに渡って埋設(まいせつ)する作業は困難をきわめたと思われますが( )この設備は次々と村の中に作られていき( )畑地が田に変わり、村人の生活は見違(みちが)えるほど良くなったということです( )

 現在では、アスファルト化や宅地化により水が()れたり埋没(まいぼつ)したりしており( )石碑近くの抜水にだけその流れを見ることができます(  )

 

)

湧泉の碑

湧泉の碑

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ