ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

自然田・瑞宝寺の鉦講(2016年2月)

 

 浄土宗(  じょうどしゅう)の開祖 (ほう)(ねん)上人(しょうにん)(  )阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願を信じ、南無阿弥陀仏と唱えれば( )極楽(ごくらく)浄土(じょうど)往生(おうじょう)できる」と説きました( )この教えは地方それぞれの風土や民情に合せ( )主に念仏講(ねんぶつこう)という組織を通じて全国に広がりました( )

 自然( じねん)()に所在する(ずい)(ほう)()鉦講(かねこう)( )こうした念仏講の一種で( )その始まりは明らかではありませんが( )(ほう)(えい)7(1710)年に記された史料が残っていることから( )このころより行われていたと考えられます( )

 同寺の鉦講には( )双盤(そうばん)念仏と(ふせ)(かね)念仏の2つがあります( )双盤念仏は春秋の彼岸(ひがん)盂蘭盆(うらぼん)地蔵(じぞう)(ぼん)の時に、伏鉦念仏はお通夜の時に行われるもので、どちらも4人1組で鉦を打ちながら念仏を唱えます( )構成員は同寺の檀家(だんか)で、原則として一子(いっし)相伝(そうでん)の家系を守り、念仏の唱え方は口伝(くでん)でのみ伝授されてきました( )

 このように、瑞宝寺の鉦講はその形態がほぼ昔のままに継承されていることから(  )平成15(2003)年2月( )阪南市指定無形民俗文化財に指定され( )平成20(2008)年1月には( )大阪府の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財( )大阪府選択無形民俗文化財( )に選ばれました( )

 阪南市内には瑞宝寺以外にも黒田寺(こくでんじ)( )(ゆう)道寺(どうじ)( )(そう)福寺(ふくじ)( )西光寺(さいこうじ)に鉦講が残っており( )これらも平成21(2009)年1月に( )大阪府選択無形民俗文化財に選ばれました( )

 

※記録作成等( )措置を講ずべき無形の民俗文化財( )選択無形民俗文化財( )とは

 無形民俗文化財( )衣食住、生業、信仰( )年中行事などに関する風俗慣習( )民俗芸能( )民俗技術など(   )のうち( )重要無形民俗文化財以外で( )特に記録や保存( )公開が必要と考えられるもので( )それに関して経費の一部を公費で補助できる制度( )

双盤念仏

双盤念仏

伏鉦念仏

伏鉦念仏

双盤鉦

元文(げんぶん)3(1738)年銘の双盤鉦

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ