ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

文化2(1805)年8月15日 伊能忠敬 阪南市域を測量(2013年8月)

    

() 伊能( いのう)(ただ)(たか)延享(えんきょう)2(1745)年、上総国(かずさのくに)(現在の千葉県)に生まれました。宝暦(ほうれき)12(1762)年、17歳の時に醸造業を営む伊能家に婿養子に入り( )商人としての才覚を発揮して伊能家を再興しましたが、寛政(かんせい)6(1794)年、49歳の時に家督を長男に譲り、隠居して()()()と名乗りました。翌年、江戸に出て江戸幕府の天文方・高橋(たかはし)(よし)(とき)に師事し、測量・天文観測などを修め( )寛政12年(1800)年、55歳から足かけ17年をかけて日本全国を測量して歩きました( )

 その間、毎日書き留めた『測量日記』から10回に及ぶ詳細な測量経路がわかります( )その日記によると、測量隊一行は文化(ぶんか)2(1805)年8月13日( )紀州加太浦(現在和歌山市加太)を出発し、小島浦を経て、谷川浦で宿泊し( )翌14日は大雨のため当地で滞留。15日に淡輪浦を経て、尾崎村まで測量し( )尾崎御坊で宿泊したことが分かります( )

  

 阪南市に残る文献史料( )文化二年甲丑八月 伊能勘解由浦方町間御改 上絵図之控』(山中家文書)は、この時の測量図を写したもので( )小島村から貝掛村までの海岸線と道路、村落の所在、名称、相互間の距離や( )飯盛山、大福山が描かれています( )

 忠敬は文政(ぶんせい)元(1818)年、73歳で亡くなりますが、彼の没後3年にして日本初の実測日本地図『大日本(だいにっぽん)沿海(えんかい)輿地(よち)全図(ぜんず)』が完成しました。この地図は別名『伊能図(いのうず)』と呼ばれています( )

※日付は旧暦です。

 

伊能勘解由殿浦方町間御改上絵図之控

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
文化財あれこれ

ページの先頭へ