「電気料金が安くなる」などの勧誘に注意!!

事例

「電気メーターが電子化されるので手数料分が安くなる」と訪問してきた業者と契約した。

メーター交換の同意書と思っていたのに知らない会社との電力供給契約だった。

 

「電気料金が安くなるから契約先を変えないか」と言われた。

契約先を変更するつもりはなかったが話の流れで検針票のお客様番号や住所などを伝えた。

後日電気料金の請求書が届き契約先が変更されていたことを知った。

解説

・検針票の情報で契約の切替えが可能です。安易に情報を教えないようにしましょう。

・よくわからない書類にはサインしないようにしましょう。

・毎月〇%安くなると言われても実際には電気をたくさん使わないと安くならない場合もあります。

  本当に安くなるプランかどうかよく検討しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

未来創生部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp