乾電池を安全に保存・使用しましょう

乾電池は懐中電灯や、時計、ラジオなど身近にあるものによく使われています。

使い方を誤ると「液漏れ」「発火」「破裂」等が起こることがあり、漏れた液に触ると化学やけどになるおそれがあります。

事故防止の為に次のことに注意しましょう。

 

・電池の向き(+と-)をよく確かめて、正しく装填する。

・メーカーや種別が異なる電池を混合して使用しない。

・古い電池と新しい電池を混合して使用しない。

・機器を使用した後は、必ずスイッチを切る。

・電池を捨てる時は、他の金属や電池同士が触れ合うとショートすることがあるため、セロハンテープなどでしっかり絶縁してから処分する。

・長期間使用しない場合は電池を機器から取り出す。

・電池の本体やパッケージに表示されている使用推奨期限内に使用する。

・漏れた液に触れたら、すぐにきれいな水で洗い流す。

この記事に関するお問い合わせ先

未来創生部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp