その電話「アポ電」かも・・・~知らない番号からの電話に出るのは慎重に!~

警察の協力団体や実在する公的機関、大企業をかたり、「捜査で押収した名簿に名前が登録されている」「通帳を預かる必要がある、資産を聞いておく」など、家族構成・資産状況などを聞き出す「アポ電」と呼ばれる相談が増えています。

取り引きしている金融機関などでも、電話で「資産状況」や「暗証番号」を聞くことはあり得ません。

 

注意ポイント

・着信番号表示機能や留守録機能を利用し、電話の相手がわかったうえで電話に出る。

・うっかり電話に出ても自分から名乗らず様子を見る。

・資産状況や家族構成を聞かれたらすぐに電話を切る。

・不審な電話があれば、一人で判断しないですぐに警察や消費生活センターに相談する。

この記事に関するお問い合わせ先

未来創生部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp