阪南市市制施行30周年記念事業 2021人権を考える市民の集い 映画『あん』鑑賞会

阪南市市制施行30周年記念事業 2021 人権を考える市民の集い

2021年12月4日(土曜日) 映画「あん」鑑賞会

 

12月10日は「世界人権デー」です。毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から10日まで)は「人権週間」と定められており、全国で人権意識の確立と高揚を図るため、集中的に啓発活動を行っています。

樹木希林最後の主演作

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どら焼きの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし、心ない噂が、彼らの運命を変えていく・・・

日時:令和3年12月4日(土曜日) 午後1時30分~午後3時30分 (午後1時開場)

場所:阪南市立文化センター(サラダホール 大ホール)

定員:先着250人(申し込み不要・入場無料。)

※詳しくは、広報はんなん11月号の折り込みチラシをご覧ください。

※満席の場合は入場を制限させていただくことが あります。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策(マスク着用、検温、手指消毒等)にご理解・ご協力をお願いいたします。)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、開催が中止・変更となる場合があります。最新の情報は、本市ウウェブサイトをご覧いただくかお問い合わせください。

※ 手話通訳、一時保育あり(1歳6か月以上小学3年まで)

※ 会場は駐車場が少ないため、公共交通機関をご利用ください。

※ 会場内での撮影、録音等は固くお断りいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 人権推進課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:jinken@city.hannan.lg.jp