新型コロナワクチンの接種について

阪南市の集団接種、個別接種ではファイザー社製のワクチンを使用しています。

ファイザー社製のワクチンは、12歳以上の方が接種できます。1回目の接種後、通常3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)

接種時において、住民票所在地の自治体から発行された接種券が必要となりますので、接種の際には接種券に記載の住所と住民票所在地が同じであることを確認してください。

多くの方に接種を受けていただくことにより、重傷者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。

接種券の発送について

国が示す接種順位に応じて、対象者の方に順次接種券(クーポン券)を発送しています。

・高齢者(65歳以上)の方向け接種券は、4月20日に発送しました。

・高齢者以外(12~64歳)の方の接種券は、6月23日に発送しました。

※令和3年7月以降に12歳の誕生日を迎える方(平成21年7月1日以降生まれの方)については、誕生日の翌月に接種券を発送する予定です。

接種券の再発行について

新型コロナワクチンウイルス接種無料クーポンが届かない場合や、紛失、破損された場合は、下記手続きにより、保健センターにおいて再発行の手続をいたします。

【 申請に必要なもの】

1. 接種券再発行申請書(新型コロナウイルス感染症)

2. 申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

 

《 申請にあたっての注意事項 》

申請者が代理人の場合は、上記本人確認書類の他、被接種者の委任状が必要です。

※郵便による申請の場合は、返信用封筒(送付先住所、宛名記入、94円貼付)を同封してください。

※申請書に記入する電話番号については、必ず日中連絡がとれる電話番号を記入してください。

 

▼下記申請書等の様式をダウンロードし、ご記入のうえ申請してください。

接種場所・予約について

阪南市では、かかりつけ医など身近な医療機関(個別接種)を中心に接種会場の調整をしています。

接種場所・予約については、以下のページをご確認ください。

新型コロナワクチン接種の予約について

妊婦及び配偶者等への新型コロナワクチン予約について

若い世代の感染が拡大し、出産を控えた妊婦等の感染リスクが高まっていることから、妊婦及び配偶者等には、できるだけ早期に接種できるよう優先的な対応を行います。

・対象者

・母子健康手帳を持ち、ワクチン接種について産科かかりつけ医の了解を得ている妊婦、産婦の方

・妊婦・産婦の配偶者及びパートナー等

・連絡方法等

接種を希望する方は保健センターまでご相談ください。

■妊婦、産婦

接種可能な医療機関を紹介します。接種予約等はご本人から直接医療機関に行っていただきます。

■妊婦、産婦の配偶者及びパートナー等

余剰ワクチン待機者リストに登録します。個別接種、集団接種で余剰ワクチンが発生した場合に、保健センターから連絡します。

個人で医療機関等に予約を行いワクチン接種ができた場合は、リストから抹消しますので保健センターに連絡をお願いします。

 

BMI30以上の方をはじめ基礎疾患等を有する方への新型コロナワクチン予約について

BMI30以上の方をはじめ基礎疾患等を有する方は感染した場合の重症化リスクが高いため、できるだけ早期に接種できるよう優先的な対応を行います。

・対象者

・BMI30以上をはじめ基礎疾患等を有する方

※基礎疾患等を有する方の範囲は、次のリンクをご確認ください(厚生労働省Q&A)

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0034.html

・連絡方法等

接種を希望する方は、保健センターに連絡ください。

余剰ワクチン待機者リストに登録し、個別接種、集団接種で余剰ワクチンが発生した場合に、保健センターから連絡します。

個人で医療機関等に予約を行いワクチン接種ができた場合は、リストから抹消しますので保健センターに連絡をお願いします。

ワクチン接種に関する同意について

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナワクチン接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応の双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。

12歳~15歳の方がワクチン接種を受けるためには、保護者の同意が必要です。予診票の署名欄に保護者の氏名を署名してください。

ワクチンについての詳細は下記リンクをご覧ください。

12歳~15歳の方について

保護者の同意の他に、原則保護者の同伴が必要です。

※ただし、中学生に限り、接種についての保護者の同意を予診票上の保護者の自署欄にて確認できたときは、保護者の同伴を要しないことができます。

接種費用について

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

※「新型コロナウイルス予防接種無料クーポン券」が必要です。

ワクチンの接種順位について

国が示す接種順位(令和3年6月4日時点)

1. 医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など)

2. 高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)

3. 基礎疾患を有する方、高齢者施設等従事者

4.1~3以外の方

接種スケジュールについて

本市(市町村)が行う接種は、国が示す接種順位の「2.高齢者」以降になります。

国が示す接種順位に応じて接種を進めており、現在は上記4.(1~3以外の方)に該当する12歳以上の全ての方が接種対象となっています。

国・府が実施する接種会場、予約について

国・府が実施する大規模接種の詳細については、それぞれのリンク先をご確認ください。

※阪南市新型コロナワクチンコールセンターや、市役所にお問い合わせいただいても、内容に関するご相談や予約は受付できません。

※阪南市内の接種会場(集団接種・個別接種)を予約している方が、国・府が実施する接種会場でワクチン接種を行う場合は、重複予約にご注意ください。

重複して予約した場合は、準備したワクチンが無駄になる可能性があるため、接種する会場以外の予約を速やかに取り消しするようにしてください

 

自衛隊大規模接種センター(大阪会場)について

防衛省・自衛隊が行う大規模接種センター(大阪会場)については、こちらをご覧下さい。

自衛隊大規模接種センター(大阪会場)の予約受付案内(防衛省・自衛隊ウェブサイト)

大阪府コロナワクチン接種センターについて

大阪府が開設する大規模接種会場「大阪府コロナワクチン接種センター」については、こちらをご覧ください。

大阪府コロナワクチン接種センターについて(大阪府ウェブサイト)

大阪府コロナワクチン接種センター ウェブ予約サイト

住所地外接種について

ワクチン接種は、原則、住民票所在地の市町村で接種を行うこととされています。

ただし、やむを得ない事情により、他の市町村で接種を希望される場合は、国が設置する接種案内総合サイト「コロナワクチンナビ」または接種を希望する市町村で事前に、「住所地外接種届出」を行い、発行される「住所地外接種届出済証」を接種会場に持参する必要があります。

※コロナワクチンナビは、こちらから。 URL:https://v-sys.mhlw.go.jp/

※以下に該当する方については、「住所地外接種届出」は不要です。

・入院、入所者

・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合

・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合

・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

・災害による被害にあった者

・勾留または拘置されている者、受刑者 等

 

※ウェブ予約は住民基本台帳の情報により本人認証を行うため、阪南市に住民票が無い方はウェブ(LINE、コールセンターへの電話を含みます)による予約はできません。

新型コロナワクチン接種コールセンターについて

ワクチン接種に関する問い合わせや予約などの相談窓口としてコールセンターを設置しています。

阪南市新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:0120-203-415(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時から午後5時30分まで(平日)

その他相談窓口(大阪府、厚生労働省が設置しているコールセンター)

阪南市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画

(6月2日更新分)

更新内容等は次のとおりです。

・想定接種回数、高齢者以外の接種券発送日、集団接種の日程、個別接種会場

Q&A

新型コロナワクチン全般についてのQ&A(厚生労働省)

新型コロナワクチンについて、よくある質問が掲載されています。

新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課

〒599-0203
大阪府阪南市黒田263-1
電話:072-472-2800
Eメール:kenkou-z@city.hannan.lg.jp