【阪南市公共施設の使用申請等オンライン化事業業務委託に係るプロポーザルについて】

阪南市では、公共施設の使用申請等オンライン化事業業務を委託するに当たり、業務を円滑に遂行するために最も適した事業者を契約候補者とする公募型プロポーザルを実施します。

 

基本的な事項

・件名:阪南市公共施設の使用申請等オンライン化事業業務委託

・発注者:阪南市

・委託期間:契約締結日~令和5年3月31日

・業務内容:別紙「阪南市公共施設の使用申請等オンライン化事業業務委託基本仕様書」のとおり

・実施方法:公募型プロポーザル方式

・予定価格 金19,440,000円(消費税及び地方消費税を除く)を上限とする。

実施日程

項 目

日 程 等

公募開始

令和4年 7月12日(火曜日)

質疑書の提出期限

令和4年 7月20日(水曜日)正午まで

質疑に関する回答

令和4年 7月27日(水曜日)

参加申込期間

令和4年 7月12日(火曜日)から

令和4年 8月 2日(火曜日)17時まで

第一次審査(書類審査)結果通知

令和4年 8月 9日(火曜日)

企画提案書等の提出

令和4年 8月16日(火曜日)17時まで

第二次審査(プレゼンテーション)

令和4年 8月23日(火曜日)

審査結果の公表

令和4年 8月30日(火曜日)

配布資料

質疑回答について(令和4年7月27日掲載) 質問のあったことについて、次のとおり回答します。

令和4年7月27日

阪南市生涯学習部中央公民館

 

阪南市公共施設の使用申請等オンライン化事業業務委託公募型プロポーザル実施要領等に関する質疑に対する回答書

 

No

該当資料名

質 問 事 項

回 答 内 容

1

実施要領

4~5

「7 企画提案書等の作成及び提出(2)作成上の留意点」について、企画提案書の頁数の記載がありませんが、何頁程度を想定されていますでしょうか。

企画提案書の頁数については、特に制限はありませんが、多くても30頁程度を想定しています。

2

実施要領及び基本仕様書

2/13

実施要領「2 参加資格(6)」と基本仕様書「第4章システム運用及び保守要件 4情報セキュリティの遵守」について、記載されている参加資格に違いがありますが、どちらが正しい記載かご教示いただけますでしょうか

実施要領を正とし、基本仕様書にも「ITサービス(ISO/IEC 20000)」が記載されているものと取扱います。

3

実施要領

6~7

「9 審査及び選定方法、結果(2)第二次審査(プレゼンテーション)6ア」について、プレゼンテーションで使用する資料は提出された企画提案書のみとすると記載がありますが、説明用に同様の内容のパワーポイントなどを使うことは可能でしょうか。

企画提案書と同様であれば、可とします。

4

実施要領

5

「7 企画提案書等の作成及び提出(3)提出部数3CD―ROM等の電子媒体」について、格納する提出書類は使用印を押印した正本データのみで、副本データの格納は不要との認識でよろしいでしょうか。

お見込みのとおり

 

この記事に関するお問い合わせ先

中央公民館

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町1-18-15
電話:072-471-5678
ファックス:072-471-0530
c-kouminkan@city.hannan.lg.jp