阪南市行財政構造改革プラン改訂版を策定しました

令和3年9月

これまで阪南市では、平成30年11月に策定した行財政構造改革プランに基づき、この間、具体的な取組を進め、当初目標を上回る成果を上げてきましたが、今後の中長期財政シミュレーションでは収支不足が増大し、このままでは財政再生団体への転落も危惧されることから、令和3年2月に「財政非常事態宣言」を発出しました。

このような危機的な事態を一刻も早く脱却し、市民協働による活力とやさしさあふれるまちづくりに向け、持続可能な行財政運営を確立するため、現行の行財政構造改革プランについて、新たな項目の抽出をはじめ、その目標や効果等をあらゆる角度から徹底的に見直すことにより、今般、15年先を見越した行財政構造改革プランの改訂版を策定しました。

策定までの市民説明会等の状況について

※その他、阪南市議会総務事業常任委員会で令和3年6月14日に骨子案、令和3年7月20日に素案の説明及び質疑を行いました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 行財政構造改革推進室

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kaikaku-suisin@city.hannan.lg.jp