【医療機関向け】新型コロナワクチンの時間外・休日接種に係る費用請求について

新型コロナワクチンの時間外・休日接種に係る費用請求について

新型コロナウイルスワクチンについては、令和3年12月1日から希望する方に対して追加接種(3回目接種)が行われます。時間外・休日接種に係る接種費用の上乗せについても、令和3年11月17日付厚生労働省健康局健康課予防接種室からの事務連絡により、適用期間を令和4年9月30日まで延長することが示されました。

また、12月1日から予診票の様式が新しくなります。新しい予診票を使うことで時間外・休日接種に係る費用請求も、ワクチン接種費用請求と同時に請求できます。

 

阪南市内のワクチン接種実施医療機関の時間外・休日接種に係る請求方法は以下のとおりです。

※11月30日までの接種分は、第3期の請求書・実績報告書により請求してください。

※12月1日以降の接種分は、新様式の予診票で接種費用と合算して請求できるため、請求書・実績報告書による請求は原則不要です。(1・2回目接種を旧様式の予診票を用いて時間外・休日接種した場合のみ、請求書・実績報告書による請求が必要です)

請求方法等について

請求額

時間外: 730円×予診実施回数×消費税

休 日: 2,130円×予診実施回数×消費税

 

適用期間

(1)第1期:令和3年4月1日~7月31日 【提出期限:8月31日】

(2)第2期:令和3年8月1日~10月2日 【提出期限:11月1日】

(3)第3期:令和3年10月3日~11月30日 【提出期限:12月28日】

   ※適用期間が変更になっています。

(4)令和3年12月1日~令和4年9月30日【接種を行った翌月10日まで】

  ※旧様式の予診票で1・2回目接種を時間外・休日に行った場合のみ

 

請求方法

郵送または持参により、請求書・実績報告書を提出してください。

  • 第3期(11月30日までの請求)については、請求書・実績報告書(第3期)により請求をお願いします。

      ※実績報告書(2/2:診療所用)または(3/3:病院用)に押印をお願いします。

  • 12月1日以降、旧様式の予診票を使って時間外・休日に1・2回目接種を行った場合の請求については、請求書・実績報告書(12月1日以降の実施分)により請求をお願いします。

      ※診療所用、病院用の共通の様式です。実績報告書に押印をお願いします。

 

▶「大阪府新型コロナウイルスワクチン個別接種促進支援事業(接種促進協力金)」 の申請書で申請することもできます。

※様式1(実績報告書・職域接種)、様式2(市町村向け)を提出してください。

 

【大阪府新型コロナウイルスワクチン接種促進協力金ホームページ】

 https://www.hot-link.jp/index.php/osaka-vaccine-kyuhukin

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課

〒599-0203
大阪府阪南市黒田263-1
電話:072-472-2800
Eメール:kenkou-z@city.hannan.lg.jp