ナビゲーションを飛ばして本文へ

インターネットで海外サイトから海外ホテル、航空券等を予約する時の注意点

事例

海外旅行のためにスマートフォーンで海外旅行サイトから2人分の2カ月先の航空券とホテルセットを予約した。

しかし都合が悪くなりキャンセルを申し出たところ「返金出来ない」と回答があった。

顧客対応窓口は英語のみで意思疎通ができず困っている。

解説

インターネットが普及し旅行予約をネットでする機会も増え、それに伴い、最近は海外の旅行サイトの予約に関する相談も増えています。

 

問題点及び注意点としては

 

●ホテルや航空券の手配のみの契約は、料金が格安な代わりに、キャンセル・返金や日程変更などが出来ない場合があります。

原則契約内容にしばられるので消費者自身が予約完了前に契約条件や予約内容をよく確認しましょう。

 

●契約前にサイトの所在地情報等を確認しましょう。

海外の事業者には日本の旅行業法の適用が無く、旅行業法や業界の自主基準等による消費者保護が受けられない可能性もあります。

サイトは日本語で表記されているものの海外事業者が運営しているので、利用する場合は、トラブルになった場合の顧客対応窓口や日本語対応の有無や連絡手段をよく確認しまよう。

 

●予約確認メールや申込時の予約内容が確認できる画面はとても大事なものなので印刷等して保管しておきましょう。

 

困った時は消費生活相談室に相談して下さい。

お問い合わせ先

市民部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp

消費者相談室