ナビゲーションを飛ばして本文へ

海外宝くじに当たった!という封書が届いた

事例

海外からと思われる封書で

「当選金5千万円を受け取る権利を取得しました。すぐに手数料の5千円を支払ってください」

と書かれていたので、5千円ぐらいならと気楽にクレジット決済した。

しかし、当選金は届かず手数料のみ引き落としされただけだった。

どうしたらよいか?

解説

これは、あたかも海外宝くじに当たったかのように錯覚させ、お金を振り込ませる悪質商法です。

クレジットカードの番号を知らせると、何度も請求される可能性があります。

また、振り込みに行く人の場合は、今度こそ当選金が届くと信じて振り込みをやめず被害が大きくなることもあります。

申し込んでもいないのに当たるはずがありません。

当然、当選金が届いたという例もありません。

それどころか、海外の宝くじは日本国内で買うだけでも違法となることがあります(刑法187条)。

・「当選した」などの甘い話に乗らないようにしましょう。

・クレジットカード番号を相手に知られた場合は、すぐに変更しましょう。

・最近は封書ではなく電子メールで届く場合があるので、ID番号などの個人情報の流出に注意しましょう。

・不審に思ったらすぐに相談しましょう。

お問い合わせ先

市民部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp

消費者相談室