ナビゲーションを飛ばして本文へ

プリペイドカードの購入を指示する詐欺業者にご注意!!

 

 【事例】

 携帯電話でアダルトサイトに入り「18歳以上」をクリックしたら、突然「登録完了」となり10万円の請求画面が出た。
 問い合わせ先に電話すると「契約が成立しているので料金支払義務がある」と言われ、相手に指示されコンビニへ行ってプリペイドカードを10万円分買い、カードの番号を相手に教えてしまった。


【解説】

 上記の相談事例のように、プリペイドカードの購入を指示したり、電子ギフト券を通販サイトで購入させ、業者のメールアドレスに送付させる手口が出てきています。
 プリペイドカードとは、事前に価値(購入した金額)をチャージすることで商品やサービスの支払いに利用できるもので、1.カードの価値が券面に記載・記録されているもの(商品券や磁気カード、ICカードなど)のほか、最近では、2.「サーバ型」といわれる、カードの価値がカード発行会社の管理するサーバに記録されるものが増えています。
 この場合、物理的なカードが発行されるとは限らず、カードに記載された番号などをインターネット上で入力して使用できるものがあり、コンビニなどで広く販売されています。
 サーバ型プリペイドカードの場合、カードの番号などが分かれば購入した価値を購入者以外でも入手・使用できるため、カードに記載された番号などを相手に伝えることは、購入した価値を全て渡したことと同じです。後に、だまされたことに気づいても、相手に渡した価値を取り戻すことは困難です。業者がプリペイドカードや電子ギフト券を購入するよう指示する場合、詐欺業者である可能性が高いので、指示されてもカードを購入したり、そのカード番号などを伝える
ことは絶対に行わないようにしましょう。

 

お問い合わせ先

市民部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp

消費者相談室