ナビゲーションを飛ばして本文へ

「火災保険で住宅修理ができる」という勧誘にご注意ください!

事例

自宅に「火災保険を使えば無料で屋根の修理ができる。保険申請を代行する」と電話があった。保険がでるならと思い、後日来訪した業者と契約したが、やはり工事はなじみの業者に頼みたいと思って解約を申し出たら、高額な解約料を請求された。

解説

電話や訪問、チラシなどで「火災保険で家の修理ができる。申請等を手伝う」などと持ちかけ、住宅修理工事契約を結ばせるトラブルが増えています。火災保険には、風水害など自然災害による家屋損害も補償範囲となっている商品があり、これを当て込んだ手口と思われます。しかし、火災保険の補償範囲は、商品や契約内容によって様々であり、契約を結んだものの保険会社から保険金支払い対象の損害と認められず保険金が下りないこともあります。また、工事内容がずさん、必要のない工事までされた等のトラブルも起きています。契約をしてしまった場合でも、訪問販売であれば契約書面を受け取った日を含めて8日以内ならクーリング・オフが可能です。
自然災害で住宅が損害を受けた場合は、保険会社や代理店に連絡し、補償範囲や申請方法等について確認しましょう。また、工事を依頼する時は、複数業者から見積もりを取るようにしましょう。
お問い合わせ先

市民部 まちの活力創造課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:m-katsu@city.hannan.lg.jp

消費者相談室