○阪南市水道事業職員被服等貸与規程

昭和49年6月20日

水管規程第3号

(趣旨)

第1条 阪南市水道部に常時勤務する職員に職務能率の向上と服装の端正をはかるため、この規程の定めるところにより被服等を貸与する。

(種類及び貸与期間等)

第2条 被服等の種類、数量及び貸与期間は、別表のとおりとする。

2 貸与期間は、月をもって計算し、貸与の月から起算する。

(被服等の貸与及び台帳)

第3条 水道事業の管理者の権限を行う長(以下「管理者」という。)は、被服等を貸与しようとするときは、貸与しようとする職員から被服等貸与申請書(様式第1号)を提出させたうえ行うものとする。

2 部長は、被服等貸与台帳(様式第2号)を備え、所要事項を整理しておかなければならない。

(着用の義務)

第4条 被貸与者は、勤務期間中常にこれを着用しなければならない。ただし、疾病その他やむを得ない特別の事由により所属長を経て部長に届け出、その許可を受けた場合は、この限りではない。

(被貸与者の保管責任等)

第5条 被貸与者は、その用法に従って使用し、善良な注意をもって保管しなければならない。

2 貸与被服等は譲渡、貸与その他の処分をしてはならない。

3 貸与被服等の保管、補修、洗たく等に必要な費用は、被貸与者の負担とする。ただし、管理者が必要と認めるものについては、この限りでない。

(被服等の支給)

第6条 耐用期間の満了した貸与被服は、被貸与者に支給することができる。

(被服等の返納)

第7条 被貸与者が退職したときは、被服等返納書(様式第3号)に貸与被服等を添えて、管理者に返納しなければならない。

(弁償の義務)

第8条 貸与被服が次の各号に該当する場合は、被貸与者は相当価額を弁償しなければならない。

(1) 貸与被服等を故意又は過失によって亡失又はき損したとき。

(2) 前条の規定により、被服等を返納しないとき。

2 前項に規定する弁償額は、被服等の購入価格を貸与期間で除して残存期間を乗じて得た額を基準として、管理者が定める。

3 第1項の規定にかかわらず、管理者がやむをえないと認めたときは、これを免除することができる。

(事故報告及び再貸与)

第9条 貸与被服等の亡失又はき損により使用できなくなったときは、貸与品亡失、損傷、汚損届(様式第4号)を1週間以内に管理者に届け出なければならない。

2 前項に規定する届け出により、管理者が必要と認めたときは、被服等再貸与申請書(様式第5号)を提出させ、再貸与することができる。

(特殊な共用被服等)

第10条 職務上必要があると認められる課については、別表に定める以外の被服等を備えつけ、職員に共用させることができる。

(適用除外)

第11条 阪南市職員被服貸与規程(昭和48年阪南町規程第2号)により、貸与を受けている被服等は、この規程を適用しない。

(委任)

第12条 この規程の施行について、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

1 この規程は、公布の日から施行する。

2 この規程の施行前において、すでに貸与を受けている者の貸与品については、この規程により貸与を受けているものとみなす。

3 阪南町水道事業職員被服貸与規程(昭和47年阪南町水管規程第2号)は、廃止する。

附 則(平成3年3月18日水管規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年3月31日水管規程第3号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

対象職員

種類

数量

貸与期間

備考

屋外作業に従事する職員

作業上衣(冬物)

1

2年

 

作業上衣(夏物)

1

1年

 

作業ズボン

1

2年

 

防寒服

1

5年

 

雨合羽

1

3年

 

長ぐつ

1

2年

 

集金・検針業務に従事する職員

帽子

1

3年

 

運動ぐつ

1

1年

 

雨合羽

1

5年

徴収女子職員のみ

ゴム半ぐつ

1

4年

同上

画像

画像

画像

画像

画像

阪南市水道事業職員被服等貸与規程

昭和49年6月20日 水道事業管理規程第3号

(平成11年3月31日施行)