ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

平成30年7月豪雨における災害について

 平成30年7月5日から降り続いた雨により、日本各地で土砂災害や河川氾濫などによる甚大な被害が発生しました。今回の豪雨災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 今回の豪雨は、本市においても急傾斜地崩壊などの土砂災害の発生で、市民生活に多大な影響と被害をもたらしました。市では、これらの災害に迅速に対応するため、災害対策本部に「災害復旧プロジェクトチーム」を設置し、被災された方々の支援に全力で取り組んでいます。今後も市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

 地震や気象災害はいつ発生するかわかりません。市民の皆様におかれましては、「阪南市総合防災マップ」や「おおさか防災ネット・防災情報メール」をご活用いただき、日頃から災害に備えるとともに早い段階での避難を心掛けていただきますようお願いします。

 

災害対策本部長 阪南市長 水野 謙二

ページの先頭へ