ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市職員の懲戒処分に関する市長コメント

 本年1月に本市職員が「公然わいせつ」の容疑で逮捕された事案につきまして、本日、当該職員に対して停職1月の懲戒処分を行いました。
 本事案は公務員の信用を失墜させるともに市民の皆様に不安を与えるものであり、心よりお詫び申し上げます。

 今回の事案を厳粛に受け止め、職務の内外を問わず、公務員としての自覚を促すとともに、より一層、綱紀保持と服務規律の徹底を図り、市民の皆様の信頼回復に取り組んでまいります。

平成31年3月12日
阪南市長 水野謙二

ページの先頭へ