ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

「阪南市地域子育て拠点再構築方針 中間とりまとめ(案)」について

 新緑の匂いが立つ素敵な季節になってきました。新年度の始まりから一月が経ち、入学、進級、入社など新しくスタートを切られた方も、生活のリズムにも慣れてきたころではないでしょうか。

 さて、4月27日(木)『産みたい』『育てたい』『暮らし続けたい』と思える子育て拠点の再構築に向けて、プロジェクトチームで検討を重ねてきた「阪南市地域子育て拠点再構築方針 中間とりまとめ(案)」を公表するとともに、市議会の「子育て拠点整備特別委員会」でご報告させていただきました。

 とりまとめ案の内容は、阪南市ホームページからご覧いただくことができ、広報はんなん6月号でも概要をお知らせする予定としています。

 今回のとりまとめ案は、昨年12月以降、プロジェクトチームにおいて実施してきました、ワークショップや説明会で、いただいた様々なご意見等をふまえ、これまでにない子育て環境を提供するために、本市として今後取り組むべき方向性を定めたものです。

 現状の施設を最大限に活用することを念頭に、今後の人口動向、各施設の現況、財政見通しなどを考慮し、苦渋の決断ではありますが、現時点でとり得る最善の策としてとりまとめを行いました。

 今後、タウンミーティングや各地域での説明会など、市民の皆さんと意見交換を行い、夏頃には最終的なとりまとめを行う予定です。

 全国に先駆けた子育て環境を本市で提供できるよう、議論を深めてまいりたいと思いますので、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

 

 阪南市長 水野 謙二

ページの先頭へ