ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

市長水野の活動日誌~平成30年7月

あたごプラザ夏祭り

あたごプラザ夏祭りの入場門の様子 みなさんこんにちは。阪南市長の水野謙二です。
 7月29日の日曜日、前日からの台風も去り、天候が回復し、再び強い日差しが差し込み始めた夕刻から、あたごプラザで地域の子どもたちを招いての夏祭りが開催されました。子どもたちのお楽しみメニューは、子ども映画、そうめん流し、盆踊りにビンゴ大会。あたごプラザの皆さんや、学生ボランティアの皆さんを始め、有志の方々により、様々なメニューが並んでいました。
 

夏到来を告げる、夏の風物詩その1(箱作海水浴場海開き)

箱作海水浴場海開きの安全祈願祭で出席者が祈祷する様子 みなさんこんにちは。阪南市長の水野謙二です。
 7月1日の日曜日は、夏本番とも思わせる晴天が続く中、朝から、箱作海水浴場の海開きを迎え、箱作海水浴場管理組合さんの主催により、安全祈願祭が催されましたので、出席させていただきました。
 西澤組合長をはじめ、役員の皆さん、来賓の皆さん、それに私も玉串を掲げ、奉納いたしました。また、海に砂浜に、皆さんが事故なく、無事に楽しまれることを強く祈念しました。
 この日も朝から陽射しが強く、暑く、若者たちや家族連れなど、待ちかねたとばかりに多くの海水浴客が詰めかけていました。晴れた日には、箱作海水浴場<ぴちぴちビーチ>から、広がる青空のもと、関空、淡路島、遠くは明石大橋まで、絶景が望めます。今年は昨年より暑く、海水浴日和に恵まれるかもしれません。是非、遊びに来てください。
 

夏到来を告げる、夏の風物詩その2(深日港フェスティバル、七夕コンサート)

深日港フェスティバルでの社会実験航路の出航式会場の様子と七夕コンサートのサラダホール前看板 箱作海水浴場の海開きに続いて、今年で第7回目となる深日港フェスティバルへ。開会式に出席させていただきました。
 今年も昨年に続いて、深日港フェスティバルに合わせ、深日港と洲本港を結ぶ航路の復活をめざした社会実験の出航式が催されました。昨年は3か月間の社会実験でしたが、多くの人が利用され、特にサイクリングを楽しまれる人が目立ったとのこと。今年は9か月間、就航させるとのことで、たくさんの人に利用していただきたいと思います。その際は、是非、阪南市にも足を延ばしてください。海に山に里に、たくさんの見所がありますよ。
 市役所に戻る途中、この日から開幕した少年野球の第26回市長旗杯争奪大会に顔出しさせていただきました。開会式には出席できませんでしたが、役員の方々とお話させていただきました。日中は暑いため、前日夕刻に準備をされたとのこと。役員の皆さんのお力があって、子どもたちが日ごろの練習の成果を発揮できる大会を開くことができています。暑い中での試合です。体調には十分に注意されるよう、お願いします。
 午後からは、昨年に続き、阪南市の夏の風物詩となった、合唱フェスティバル第26回七夕コンサートがサラダホール大ホールにお招きいただきましたので、ご挨拶をさせていただきました。
 様々な団体さんが主催される合唱や吹奏楽などのコンサートにお招きいただくことがあります。客席で聞き入りますと、声を合わせ、音を合わせ、奏でられる音楽に、客席全体での一体感も加わり、心の高揚、また安らぎを感じ、その素晴らしさ、臨場感の醍醐味を味わうことができます。
 この素晴らしい合唱コンサートも26回目。長年にわたり支えてこられた関係者の皆さんに、心より敬意と感謝を申し上げます。また、今後一層の活躍を期待しています。よろしくお願いします。
 

ページの先頭へ