ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

区域外就学及び指定外就学について

 阪南市教育委員会では児童及び生徒が就学する市立の小学校及び中学校については、住所による学校区に基づいて指定していますが、相当の理由がある場合には、区域外就学(市外からの通学)や指定外就学(市内での指定校区外への通学)が認められることがあります。

許可基準について

 阪南市教育委員会が認める区域外就学及び指定外就学の許可基準は下表のとおりです。

許可事項

該当学年

許可期間

申請書以外

の必要書類

概要

詳細

1

転居

市内での転居又は市外への転出の後、引き続き現に在学する学校へ就学を希望する場合。

小学校1~5年

中学校1,2年

転居日又は転出日の属する学期末まで

 

小学校6年

中学校3年

卒業まで

 

2

転居予定

転居又は転入予定地の住所の属する校区の学校へ就学を希望する場合。

小学校全学年

中学校全学年

おおむね6か月程度

契約書の写しや施工業者の証明書等、入居時期を証明又は確約できる書類

3

新改築

新改築により、仮住まいから現に在学する学校へ就学を希望する場合。

小学校全学年

中学校全学年

おおむね6か月程度

4

留守家庭

保護者の就労や入院等により、保護者の勤務地又は親族の住所の属する校区の学校へ就学を希望する場合。

小学校全学年

実際の登下校の場所を重視して判断した期間

就労証明書や医師の診断書等、自宅が留守になることを証明できる書類

5

その他

特に教育的配慮が必要と認められ、現に指定されている学校以外の学校へ就学を希望する場合。

小学校全学年

中学校全学年

特に教育的配慮が必要と認められる期間

阪南市教育委員会が求める書類

注意事項

(1)許可事項については、許可が可能な事由であり、必ずしも許可できるものではありません。

(2)他市区町村にかかるものについては、当該教育委員会との協議の成立を条件とします。

(3)児童及び生徒の通学時の安全確保については、保護者の責任となります。

(4)申請理由が変更となった場合は、保護者は速やかに阪南市教育委員会へ届け出る必要があります。

(5)架空の住民票の異動など、虚偽の申請が判明した場合は、許可を取り消します。

 

手続方法について

 必要書類と印鑑をお持ちのうえ、阪南市役所2階26番窓口の教育総務課までお越しください。

 なお、申請書については、教育総務課にてお渡しし、ご記入いただくこととなります。

お問い合わせ先

生涯学習部 教育総務課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kyouiku-s@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ