ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

地上デジタル放送について

2011年(平成23年)7月24日に、地上デジタル放送(地デジ)に移行されました。

 

地上デジタル放送とは

地上デジタル放送は、従来のアナログ放送と比べて、より高品質な映像と音声を受信することができる新たな放送です。

アナログ放送では、受信者に届くまでに、雑音で映像音声が劣化したり、高い建物などの影響で反射によるゴースト(映像が二重になる現象)が起こることがありますが、デジタルテレビでは高品質の映像・音声が届けられます。

セリフやコメントを文字テロップで表示する字幕放送や、ドラマなどの筋書きを音声で紹介する解説放送を楽しむことができ、ニュース、気象情報、交通情報など、暮らしに役立つ便利な情報をいつでも見ることができます。

地上デジタル放送を視聴するためには

下記の受信方法があります。

 

(1)個別のアンテナで受信する場合

UHFアンテナと、地上デジタルテレビ放送対応のテレビもしくは今の(アナログ)テレビに地上デジタルチューナーや地上デジタルチューナー内臓録画機器を接続することで受信いただけます。

 

(2)集合住宅の共同アンテナで受信する場合

UHFアンテナと、各ご家庭で地上デジタルテレビ放送対応のテレビもしくは今の(アナログ)テレビに地上デジタルチューナーや地上デジタルチューナー内臓録画機器を接続することで受信いただけます。

 

(3)ビル陰などの受信障害対策共同受信施設(共聴施設)で受信する場合

地上デジタルテレビ放送は受信障害に強い方式をとっているため、ビル陰などの受信障害を受けることが少なくなり、直接受信できる場合もあります。ご加入の受信障害対策共同受信施設の保守・管理業者にご相談ください。

 

(4)山間部などの地理的条件によるテレビ難視聴解消の共同受信施設で受信する場合

山間部など放送電波が届きにくい地域での視聴を目的に設置された共同受信施設では、施設が地上デジタル放送対応となっていない場合、現在の施設の改修が必要です。施設の保守・管理業者にご相談ください。

 

(5)ケーブルテレビに加入している(もしくは加入する)場合

新たにアンテナを設置しなくてもケーブルテレビを通して受信できます。ケーブルテレビの方式により必要な機器が異なります。

1.パススルー方式

パススルー方式とは、ケーブルテレビで受信した電波をそのまま伝送する方式です。この方式では、市販の地上デジタルテレビ放送対応テレビまたは地上デジタルチューナーや地上デジタルチューナー内臓録画機器で地上デジタルテレビ放送がご覧いただけます。

2.トランスモジュレーション方式

トランスモジュレーション方式とはケーブルテレビで受信した電波をケーブルテレビに適した信号に変えて伝送する方式です。この方式では、ケーブルテレビ専用のSTB(セットトップボックス)が必要になります。

詐欺にご注意ください

テレビの地デジ対応やアンテナ交換などを口実にした詐欺が発生しています。

地デジ対応で、総務省やテレビ局、その関係機関がお金を請求することは一切ありません。

身におぼえのない工事や代金の請求を受けた場合は、すぐに支払わず総合通信局(06-6942-0820)、お近くの警察署、または消費生活センターへご相談ください。

 

・地上デジタル放送全般についてのお問い合わせ

 総務省地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター 電話:0570-07-0101

関連リンク

お問い合わせ先

市長公室 秘書広報課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:hisyo@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ