ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

下水道使用料改定及び上下水道料金に関する消費税改定のお知らせ

下水道使用料の改定について

 公共下水道は、私達の生活環境を守り、快適な生活を営んでいくとともに、川や海などの水をきれいに保ち自然環境を保全するために大きな役割を果たしています。

 下水道事業は、一般家庭や事業場などから排出される汚水の処理に係る費用(下水道管の清掃・補修などの維持管理費と下水道建設に要する資本費)を皆さまからいただいた下水道使用料で全て賄うことを基本としていますが、現在の使用料では汚水処理費用の約44%しか賄えておらず、不足額は税金等で負担している状況です。

 そこで、この度、2019(令和元)年10月使用(11月検針)分から下水道使用料を平均で8%引き上げさせていただくこととなりました。

 下水道事業では、これまでも職員数の削減など経費節減や広告料の収入など財源確保を図り、経営の健全化に取り組んできました。

 今後もより一層の効率的・効果的な事業運営とさらなる経費削減、下水道事業経営の健全化に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

水道料金及び下水道使用料に関する消費税の改定について

 消費税率の引き上げに伴い、令和元年10月1日以降ご使用分から、水道料金及び下水道使用料等に加算される消費税(地方消費税含む)が8%から10%になります。

 ただし、令和元年10月1日より前から継続してご使用いただいている場合は、消費税法の経過措置により、令和元年10月1日以降の最初の検針により確定した水道料金及び下水道使用料の金額には旧税率の8%が適用されます。 10月メーター検針分には、10月の使用日数も含まれますが、日割り計算は行わず、すべて消費税率8%を適用します。 (ただし、10月検針後に閉栓し追加で精算を要する場合は、10月検針分が8%、精算分は10%。)

 10月検針分 → 口座振替11月18日、納付書送付の納期限11月30日【消費税率 8%】

 11月検針分 → 口座振替12月17日、納付書送付の納期限12月31日【消費税率10%】

上下水道料金早見表

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

事業部 下水道課

〒599-0204
大阪府阪南市鳥取74-1 阪南市分室
電話:072-471-5678(代表)、072-470-2165(直通)
Eメール:gesui@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ